プレゼンテーションで大事な事って何? - 営業スキル・営業研修 - 専門家プロファイル

田原 洋樹
株式会社オフィスたはら 代表取締役 人材育成コンサルタント
東京都
人材育成コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:営業

水内 終一也
水内 終一也
(経営コンサルタント)
竹内 慎也
竹内 慎也
(営業コンサルタント)
竹内 慎也
(営業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

プレゼンテーションで大事な事って何?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 営業
  3. 営業スキル・営業研修

 先日、某大手企業での「プレゼンテーション研修」を終えてきました。今回はプレゼンのやり方に比重を置くというよりむしろ、その前段階、つまり「誰に対して」、「何を」プレゼンするのか?を徹底的にやりました。当初事務局サイドかたは、スキル、ハウに比重をおいて欲しいということでしたが、そこは自分の「こだわり」もあって、プレゼン前段階の考え方に重きを置かせていただきました。

 プレゼンテーションは、もちろん立ち振る舞いや、話し方などの表現テクニックも上手い方にこしたことはありません。けれど、表層的に上手くても、話す内容が「相手」の心に響くものでなければ、意味はありません。逆に言うと、タドタドシイ語り口で資料も簡素なものであったとしても、「相手」のニーズを的確に捉えて、「このプランを是非採用したい」と思わせることが出来ればプレゼンテーションとしては成功なのです。

 研修では、まず徹底的に「相手」の立場に立つ事を意識してもらいました。相手、すなわち、顧客の現状はどうか?顧客の顧客や顧客の競合などの状況と合わせて、相手の課題を想定し、その課題に対してどのように解決策を提示するのか?また、相手のポジションやタイトルから、その人が何に興味関心を抱いているのか?社長の立場、課長の立場、一般担当者の立場それぞれに対して、それぞれの訴求方法を考えました。

 そこまで「相手」のことを理解し上でプレゼンテーションに臨むと、既にプレゼンテーションを実施する前段階で、かなり競合他社よりアドバンテージを持っていることになります。プレゼンテーションはむしろ、決戦ではなく、勝利を確信するための場と考えることが出来れば最高ですね。先方の役員を前にしてガチガチになるのではなく、その場を楽しむくらいで臨めば良いのです。

 研修ではそのようなメッセージを受講者に伝えたつもりです。「プレゼンテーション」で重要なこと、それは「いかに相手の立場に立てるか?」そのためには、前段階での仮説構築とニーズヒアリングが重要なのです。

 

 

 

 

 

このコラムに類似したコラム

売れる販売員に必要な3つの要素 有村 友見 - 研修講師(2011/11/24 20:45)

飛び込み営業のコツ 尾島 弘一 - 経営コンサルタント(2010/06/14 21:16)

この記事は表示できません 竹内 慎也 - 営業コンサルタント(2013/09/22 08:00)

この記事は表示できません 竹内 慎也 - 営業コンサルタント(2013/09/21 08:00)

この記事は表示できません 竹内 慎也 - 営業コンサルタント(2013/09/14 07:30)