ポートフォリオの見直し方 - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

土井 健司
土井経営研究所 代表
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ポートフォリオの見直し方

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
ライフプランと資産運用 ポートフォリオとは
ポートとフォリオの見直しは、たとえば半年ごと、1年ごとなどと定期的に行うことをお勧めしますが、必要があれば適宜行ってもいいでしょう。各資産や商品の値段が変動すると当初の比率が変わり、ポートフォリオのリスク度合いも変化します。このような場合、目標が達成できていれば余計なリスクをとる必要はありませんから、その変化の度合いにより資産配分の調整が必要となります。

主な見直し方としては2つの方法があります。一つは、運用で変化した配分割合を当初の配分割合へと調整しなおす方法で「りバランス」といいます。もう一つは、当初の基本的な配分割合そのものを見直す方法で「リアリケーション」といいます。どちらを選択するべきかについては、ご自身のマネープランを基に、その達成状況やその時々の市場状況を把握し十分検討の上決定しましょう。もちろん、運用成績が悪いなど、必要な場合には商品の見直しを適宜行うべきなのはいうまでもありません。