あなたの会社の損益は、本当に損益ですか? - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

LBA会計事務所 代表
東京都
公認会計士・税理士
03-6272-6771
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

あなたの会社の損益は、本当に損益ですか?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般

おはようございます。

将来型会計事務所LBAの岸井です。


昔からなのですが、「宇宙」とか「惑星」とか「進化」とか、そういうワードに反応してしまいます。

見たり聞いたりしても、学術的には全然意味がわからないのですが、なぜだかワクワクしてしまいます。

人間の歴史の中の自分はものすごく小さいですし、地球の歴史の中ではもっと小さく、
まして、宇宙の歴史なんていったらもう、小さな自分の小さな悩みなんて本当にバカらしくなります。


前置きでだいぶ興奮してしまいました…。
気を取り直します。 



どんな会社さんも「損益」を計算しています。

「売上」から諸々の「経費」を差し引いて「損益」を出します。


ところで、その「損益」、本当に「損益」でしょうか?


当たり前でしょ!

と思うかもしれませんが、そうではない会社がたくさんあります。

「損益」ではなく、現金預金の「収支差額」になっているのです。


つまり、売上は現金預金の収入。

経費は現金預金の支出。

その差し引きで「損益」としているのです。

でもこれは「損益」とは言えません。


モノやサービスを渡していればお金をもらう権利(債権)が発生します。

それが「売上」です。お金をもらっていなくても、権利はもらっているのです。


逆にお金を払っていなくても、義務が発生していれば「経費」です。


これらの正しい「売上」から正しい「経費」をひくことで、

あなたの会社の正しい成績である「損益」が計算されます。


良い経営は自身を知ることからです。

自身を正しく知るには正しい損益を把握しないといけませんね!

この機会にぜひ見直してみて下さい!



 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 公認会計士・税理士)
LBA会計事務所 代表

人とビジネスの幸せ最大化が使命です

クライアント様の幸せを常に考えています。単に税金計算をするだけの会計事務所ではありません。クライアント様の事業に興味をもって最適なアドバイスを行っていくことが一番の貢献です。

03-6272-6771
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ このコラムに関連するサービス

レッスン・教室 今さら聞けない、事業主のための「会計」

少人数セミナーだから、聞きやすい&効きやすい

料金
5,000円

留保利益最大化を目指す、事業主のための「会計」を意識していますか?今さら聞きにくい事業の数字のことをわかりやすく解説します。

今さら聞けない、事業主のための「会計」

このコラムに類似したコラム

社長さんのお給料 高橋 昌也 - 税理士(2016/02/15 07:00)

あけましておめでとうございます 高橋 昌也 - 税理士(2016/01/01 07:00)

会計の仕組みと経済情勢、どちらが先行? 高橋 昌也 - 税理士(2014/12/19 07:00)

商売と関係があるのかないのか? 高橋 昌也 - 税理士(2014/10/09 07:00)

現金残高の推移は大切な情報 高橋 昌也 - 税理士(2013/10/24 07:00)