部下へ贈る言葉の花束【第3章-3】 - キャリアプラン全般 - 専門家プロファイル

松山 淳
アースシップ・コンサルティング コンサルタント/エグゼクティブ・カウンセラー
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:キャリアプラン

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

部下へ贈る言葉の花束【第3章-3】

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. キャリアプラン全般
部下へ贈る言葉の花束

日に新た(3)



 「返信したのか」

 「はい」

 「なんでだ」

 「なんでって、何年も前からお願いしている通り、
  製品開発が私の夢なんです」

 「そんなことはわかってる。
  今の仕事はどうするんだ、投げ出すのか」

 「投げ出すなんて言ってません。
  サラリーマンが部署を異動するのは普通のことだと思いますが」

 「なんだその態度は」

 「だいたい、私の異動希望ってちゃんと上にあげてくれてるんですか」

  課長の目が一瞬泳いだ。

 「やっぱり」

 「何がやっぱりだ、だいだいなあ、お前はなあ・・・」

 「私が何ですか」

 「もういい、勝手にしろ」

扉を閉める大きな音と
机をこぶしで叩く音が小さな会議室に同時に響いた。

 (会社ってこんなところなのか)

背筋を伸ばしてパイプ椅子に座っていた遼太は
腰を緩め両手をポケットに入れ天井を眺めた。
あふれそうになる涙を必死にこらえた。

***

ほとんどの若手社員は希望を出さず、
出した十数名も上司に説得され翻意した。

創業者である大貫社長は、
来期、相談役に退くこと宣言していて、
次期社長有力候補の竹下常務は、このプロジェクトに賛成していない。

社内の風評は、「
竹下さんが社長になったらどうせ、すぐ潰される」であり、
先行きのないプロジェクトに参加したところで
「何の得にもならない」
という判断と説得が若手の意欲を削ぎ落とした。

逆風の中、プロジェクトはスタートした。
皮肉なことに、総務課長と喧嘩した小会議室に臨時の机が置かれた。

新しくもらった名刺を眺め
「総務部総務課兼新製品開発プロジェクトチーム主任」
という文字が、
名刺からはみ出しそうになっているのを見て遼太は苦笑した。

まあいいか、とつぶやくと、
社長が地方の営業支店から呼び寄せた上島課長が、
他人の給与明細を横目でのぞき込むように、
遼太の手もとを見ていた。

窓の外では銀杏の彩りが錦秋の季節になることを知らせていた。