介護相談サポートセンターのご紹介 - 各種の経営コンサルティング - 専門家プロファイル

寺崎 芳紀
株式会社アースソリューション 代表取締役
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

介護相談サポートセンターのご紹介

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 各種の経営コンサルティング

こんにちは!

株式会社アースソリューションの寺崎でございます。

さて、弊社では、「介護相談サポートセンター」という事業を行っております。「介護施設や病院を探したい」というご相談に対応し、プロデュースして入居・入院に結びつける事業です。 是非、皆さんにPRしたく、コラムに書かせていただきます。

ケアマネさんや病院MSWさんたちから、「施設探しのお手伝いをしてほしい」という相談が、結構増えております。

基本、あらゆる相談を承るのですが、特に多いのが、経済的に厳しい(限られた費用しか負担できない)方、医療行為がある方、重度の認知症がある方、身寄りのない方、生活保護受給者の方。いわゆる「困難ケース」といわれる相談です。上記のようなケースの場合、何かと施設から入所を断られてしまいがちなのです。 

また、病院から退院を宣告され、家にも帰れずにあわてて施設を探すというケースも多々あります。 本当に、ご家族にとっては気が気ではありません。

有料老人ホーム紹介センターという機関があります。素晴らしい会社も多いです。 しかし、残念ながら上記のようなケースの場合、相談にはなかなか乗ってくれません。特に、「経済的に厳しい」方で、例えば老人保健施設への入所を希望されているような方の場合、有料老人ホーム紹介センターでは相談の対象外になってしまいます。 

そんな時は、ぜひ当センターにご相談下さい!!

相談を受けてから、何度も打ち合わせをし、提案を重ね、お悩みやご質問にも丁寧に応じます。 簡単には行きません。もちろん時間もかかりますし、正直手間も相当かかります。 これをすべて無料で請け負ってしまうと、ビジネスとして成り立たなくなりますし、当然質の担保は図られません。

ですので、弊社では基本有料で相談をお受けしております(ケースによっては有料にしたくてもできない場合もございますが)。 2009年からこの仕組みを作ったのですが、そもそも、相談者から報酬をいただくという会社は、現状ほとんどありません。 しかし、私が思った以上に受け入れていただいております。むしろ、「そんなに安くていいの?」とおっしゃる方が、びっくりするほど多い位です。

賛否両論あるでしょう。 「それはMSWやケアマネ、地域包括支援センターの仕事ではないか」いう方もいます。ある意味その通りです。 

 しかし、我々への相談は一向に減りません。むしろ増え続けています。 私たちは、お金を頂戴するに値するサービスを提供しているという自負、自信があります。

これまで、相談をお受けした件数は600件を超えます。相談内容は10件あれば10通りあり、パターン化されるものではありません。600件あれば、600通りの提案が必要となるわけです。

もちろん、100%成約できるわけではありません。しかし、豊富な経験とノウハウがあるから、ほとんどは成約に結びつけます。 だから、報酬をいただけるわけです。 もちろん、法外な料金をいただいているわけではありませんし、基本「成功報酬」でやっております。 なので、皆さん納得してご利用いただいています。

一般病院は、入院期間が3ヶ月を超えると診療報酬が激減してしまう。 今の医療制度の現状です。 MSWさんは、その現実の狭間に立ち、大変な思いをしながら退院支援されているのです。

ケアマネさんも、自分が担当されているケースが何十件とあり、月1回の訪問しながら、サービス担当者会議を主催し、プランの作成や見直しをし、月初には給付管理もする。めちゃくちゃ忙しい中で、施設探しのために電話をかけまくっているのが現状なのです。

 そこまでやっていたら、ケアマネさんは休めないし、帰れない。 MSWさんやケアマネさんを疲弊させるわけにはいかないではありませんか!

私は、そういう方々のお手伝いがしたい。報酬をいただくのは、健全に運営していくためです。サービスの適正な対価です。それ以上はいただくつもりはありません。

もちろん、すべて施設入居につながるとは限りません。施設対象でないと思われる方に対しては、ケアマネさんたちと相談し、在宅サービス継続につなげることもしています。一円にもならない仕事になることもありますが、お客様本位で考えればそういう時もあります。

そういうスタンスで仕事をしていれば、真面目に仕事をしていれば、結果は必ず後からついてくる。私はそう確信しています。 そして何より、皆さんに感謝され、喜んでいただける。時には、涙を流して感謝して下さる方もいらっしゃる。こんな嬉しい話はそうそうありません。 だから、力を入れて対応するのです。本気でやるのです。


介護難民を極力なくしたい。 私は、いつもそう思いながら仕事をさせていただいております。


今後とも、何卒よろしくお願い致します。

 

このコラムに類似したコラム

老人保健施設の現状④ 寺崎 芳紀 - 経営コンサルタント(2012/06/05 17:27)

老人保健施設の現状② 寺崎 芳紀 - 経営コンサルタント(2012/05/11 22:11)

サービス付高齢者向け住宅について 寺崎 芳紀 - 経営コンサルタント(2012/05/08 23:09)

介護事業所開業のご支援 寺崎 芳紀 - 経営コンサルタント(2012/05/03 16:07)

【ITベンダー脱下請】無料経営相談会のお知らせ 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/12/05 09:54)