借金体質改善コラム第26回「節約疲れを乗り切るには」 - 借金・債務整理全般 - 専門家プロファイル

若林 正昭
若林司法書士事務所 所長 認定司法書士
司法書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:借金・債務整理

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
森 久美子
森 久美子
(ファイナンシャルプランナー)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

借金体質改善コラム第26回「節約疲れを乗り切るには」

- good

  1. マネー
  2. 借金・債務整理
  3. 借金・債務整理全般

人間節約が続くと疲れてくる。

ストレス解消したいがお金が無くては何も出来ないと思うと途方に暮れる。

映画にもいけない。レストランにいって美味しいものも食べられない。買い物も出来ない。旅行にも行けない。誘惑の多い現代社会でお金を使わないでいることは疲れるのだ。


「幸せ」≒「お金」と思っている人は実はその幸せのところを「娯楽」と勘違いしている事が多い。

そう、お金が無いと言う事は、娯楽が無いと言う事に過ぎないのだ。


「幸せ」のところを「娯楽」とせずにひらがなで「し・あ・わ・せ」と書いて見てはどうか。この「し・あ・わ・せ」得るにはそんなにお金はかからない。

筆者の「し・あ・わ・せ」は・・・、
1)熱いシャワーと冷たいシャワーを交互に浴びる
2)肌触りのいい布団に寝る
3)朝、二度寝する。
4)美味しい紅茶を飲む
5)森林を見る
6)インド音楽を聴く
7)中華料理を食べる
8)自転車に乗る
9)図書館に行く
などだ。

どれもそんなにお金はかからない。

節約でストレスがたまっている人はストレス解消の意識が「娯楽」に行きがちだ。お金が無いから「娯楽」はままならずますますストレスがたまるという悪循環に陥る。

ここは視点を変えて、「し・あ・わ・せ」のリストを作り実践してみてはどうか。

「娯楽」に頼らない自分に驚くはずだ。

このコラムに類似したコラム

借金体質改善コラム第40回「環境を整える - 貯金のこつ」 若林 正昭 - 司法書士(2012/05/11 12:00)

借金体質改善コラム第39回「入浴剤」 若林 正昭 - 司法書士(2012/05/10 12:00)