(写真)奥歯から2番目の歯に詰め物をして10年、劣化し隙間が空い - ラミネートベニア・ククラウン - 専門家プロファイル

医療法人審美会ウメダデンタルクリニック 院長
大阪府
歯科医師
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

(写真)奥歯から2番目の歯に詰め物をして10年、劣化し隙間が空い

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 矯正・審美歯科
  3. ラミネートベニア・ククラウン
審美歯科、矯正歯科の質問と回答 歯の変色(テトラサイクリン、ホワイトスポット、神経

(質問)

奥歯から2番目の歯に詰め物してもう10年ほどたちますが、最近劣化してきて隙間が空いてきています。また、保険の詰め物なので今は色が黄色になってしまっています。最近その歯の下の歯茎らへんが鈍い痛みがあり、歯科にいったところ根幹手術が必要といわれました。
また、その歯は神経とっているためこの先壊れやすいので銀で被せてあげるほうがいいともいわれました。
銀のものは少し抵抗があるので、他の素材聞いてみると、土台金にして外側セラミックに、、と提案されましたが、内側金属にするとのちのち歯茎が変色したりするというの聞いたことがあり、少し抵抗があります。
ウメダさんのホームページ拝見すると、この土台部分もセラミックでできるとありますが、可能でしょうか?
ちなみに私は2年前ほど一度先生にカウンセリングで病院に行かせていただいたことがあります。。


回答

奥歯のクラウン治療の場合には審美性より機能性が重視される為、内面にメタル・表面セラミック、いわゆるメタルボンドクラウンが一般的です。但し、金属アレルギー等お持ちの方は内科的な観点からルコニアクラウン(オールセラミック)選択することがあります。


保険の差し歯、歯茎黒ずみ、不自然な差し歯 http://umeda.or.jp/syorei_03.html

セラミッククラウンの種類 http://yoi8sashiba.jp/ceramic.html


大阪市北区小松原町3-3 OSビル10F(JR大阪駅、阪急梅田駅)
ウメダデンタルクリニック(審美歯科、矯正歯科、インプラント)
TEL:06-6364-4698 


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 歯科医師)
医療法人審美会ウメダデンタルクリニック 院長

大阪梅田駅徒歩3分。「歯のエステ」25年の技術で応えます

虫歯治療だけでなく「美しさ」も含めた治療を追求する「審美歯科」で25年。先進国アメリカの審美を学び、7000ケース以上の実績を重ねて参りました。白くきれいな歯並びの美しい笑顔は自信にもつながります。日本の審美歯科への意識向上のため努力を続けます。

カテゴリ 「審美歯科、矯正歯科の質問と回答」のコラム

このコラムに類似したコラム

ハイブリッド治療! 石井 府中 - 歯科医師(2013/10/30 17:24)

歯の色が違う個所は… 石井 府中 - 歯科医師(2013/05/22 18:28)

✿審美歯科でリップケア✿ 石井 さとこ - 歯科医師(2016/11/23 15:20)

男性も審美歯科に通う時代に 石井 府中 - 歯科医師(2016/10/20 21:06)