胞状奇胎の不安を乗り越え 42歳で第二子出産へ! - 各種の薬・漢方薬 - 専門家プロファイル

松島 達也
漢方薬誠心堂 営業部 課長 南行徳本店 店長
千葉県
薬剤師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:薬・漢方薬

西野 裕一
西野 裕一
(薬剤師)
西野 裕一
西野 裕一
(薬剤師)
原田 愛子
原田 愛子
(薬剤師)
忠地 珠里
(薬剤師)
松島 達也
(薬剤師)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

胞状奇胎の不安を乗り越え 42歳で第二子出産へ!

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 薬・漢方薬
  3. 各種の薬・漢方薬
お客様の漢方体験談 不妊症

H・Kさん(42歳・市川市在住)

―なぜ誠心堂に来店されたのですか?

一人目を出産して一年後に妊娠がわかりましたが、胞状奇胎という病気になってしまい手術することに…。次の妊娠が解禁になる前に、「病気になったのは体調が悪いからかもしれない」と思い、漢方で体調を整えようと思いました。


―相談してみていかがでしたか?

楊先生からは「腎虚があってホルモンを分泌する力が弱っているので、まずは体を元気にしましょう」とアドバイスをいただきました。漢方の服用を始めると、疲れがとれやすくなって、風邪を引きにくくなりました。漢方の煎じ薬を10カ月ほど続けると、ギザギザしていた基礎体温がきれいに整い、また高温期の体温が維持できるようになりました。育児の疲れもなくなり体が本当に楽になりました。


―妊娠までは?

体調が整ってきたことで心に余裕ができ、気持ちも軽くなりました。そして妊娠! 胞状奇胎のことを思い出してしまい不安もありましたが、年齢的にもギリギリだったので本当に嬉しかったです。妊娠中に風邪を引いた時は、先生に相談して漢方の風邪薬を選んでいただきました。おかげ様で無事に出産に至ることができました。

産後の調子はいかがですか?

産後は一人目の時よりもずっと体が楽です。漢方のおかげで体調が整い体力もついて本当によかったと思っています。

(10月17日(月) 南行徳店にて取材)
明光企画 行徳・葛西新聞 平成23年11月11日号掲載
取材協力:明光企画

このコラムに類似したコラム

誠心堂薬局2012年5月 妊娠報告 林田 智成 - 薬剤師(2012/06/14 16:21)

皮膚で効果が出たので、不妊も相談 塩野 健二 - 薬剤師(2012/04/07 18:40)

「漢方を続けてきてよかった!」待望の第一子を妊娠!! 西野 裕一 - 薬剤師(2012/04/07 15:32)

漢方服用後3カ月で自然妊娠! 西野 裕一 - 薬剤師(2012/04/07 15:28)