音響性能と意匠性(ピアノ室の吸音天井) - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

一級建築士事務所エス 代表
東京都
建築家
03-3334-3843
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

音響性能と意匠性(ピアノ室の吸音天井)

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅
デザイン・設計の事例

加藤幸彦(エス)です。


写真は、住宅作品「小鳥が自由に飛びまわる、大きなリビングルーム」の1階ピアノホールです。(引越し前で、ピアノはまだありません)

設計途中、お施主さん所有のアップライト式ピアノを聴かせていただいた際、わりと硬質な音だな..という印象がありました。このピアノを置くスペースとしては、少し響きを抑えめにしたほうがいいと感じていました。

一方、お施主さんの希望としては、新しいピアノホールの床はタイル張りにしたいとのこと。ピアノの音はしっかり響きそうです。ですから、響きすぎず、でも適度な反射音で音響感を最適にするためには、天井の吸音性の設定が非常に重要と考えました。


できあがった天井の表面は「杉板」。幅9cmくらいの小幅に加工した板を、2cmくらいの隙間をあけて張っています。隙間部分に見えているのは、白いコットンの布。その奥(下地)には、吸音用のグラスウールを全面に貼り込んでいます。響きすぎず、地味になりすぎず。適度な反射音を作るための工夫です。

また、杉板の隙間を利用して、ライティングダクトも取付けました。スポットライトを点灯させて、ちょっとしたコンサート気分も味わえます。


竣工後、一度、ピアノを聴かせていただいたことがあります。

隣接する吹抜けの下にある階段が、観客席。

適度な硬さの音が、うまい具合に空間全体に回り込んで、とてもいい感じでした。


********************************************************

住宅作品「「小鳥が自由に飛びまわる、大きなリビングルーム」」は

http://open-g.net/press/archives/400

********************************************************



エスのWEBSITE(official)

http://www.sp-n.gr.jp/


 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
一級建築士事務所エス 代表

テーマは「環境的居住空間」「小さな家」「リノベーション」。

建築の価値観が大きく転換しつつある今、社会的価値観とクライアントの個性を同時に重視し、「美しい空間デザイン」がどうあるべきかを常に問いながら設計活動をおこなっています。

03-3334-3843
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「デザイン・設計の事例」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 住宅ボリュームチェック!!家づくりを「間取り」からスタート!

【東京エリア・家づくり体験】どんな間取りをつくるのか?そこから始めましょう!

料金
10,000円

今年こそ始める「家づくり」。
このサービスでは、「間取り」をスタートポイントとした家づくりを建築家・加藤幸彦(エス)が支援します。
現在の生活のご様子、メンバー構成、将来の計画などを個別に診断したうえで「間取りスケッチ」を短時間で作成し、ご家族に必要な建物の「ボリューム=容量」をチェックします。

住宅ボリュームチェック!!家づくりを「間取り」からスタート!

このコラムに類似したコラム

リビングの収納付TV設置スペース 野瀬 有紀子 - 一級建築士 インテリアコーディネーター(2016/10/24 22:22)

ライフスタイル提案型賃貸集合住宅 小木野 貴光 - 建築家(2016/09/01 04:00)

小さなテラスハウス 足場 小木野 貴光 - 建築家(2016/08/29 03:00)

リブ格子天井の家 成城学園K-HOUSE足場がとれました 栗原 守 - 建築家(2016/08/09 15:16)

バルコニーはアウトドアリビング 大塚 泰子 - 建築家(2016/03/29 09:57)