津波には無抵抗な建物 - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

津波には無抵抗な建物

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅

三月に入ると、やはり東日本大震災の映像を多く見ます。昨晩もNHKで地震と津波の映像を放映していました。
●津波に弱い木造住宅
建物の倒壊映像も然ることながら、津波の映像は何度見ても建築士として無力感を感じてしまいます。津波の勢いで押し流されている建物も多くありましたが、比較的緩い流れにも水嵩が増すにつれ流されてしまう様子も残っていました。
木造の住宅は凡そ40ton前後の重量があります。この家が水に浮くのですから、家の中の空気が浮き輪の役目をしたと思われます。基礎と土台が残り床から上が流されています。
新しい家は柱と土台をホールダウン金物で繋いでいますが、一本で引き抜きに耐えられる力は多くて3ton程度です。40tonの家が浮くのですから一件の家に14~5本入っていれば浮き上がるのを防止出来た可能性がありますが、通常は4~5本も入っていれば多い方です。

●鉄筋コンクリート造は安心か?
東日本大震災ではRC造の建物も倒壊しています。これも津波での倒壊でした。画像を注意深く見ていますと、PC杭が引き抜かれているのが判ります。地震で杭が折れ、その後に津波の圧力で押されて倒れた様な状態です。

今、建築基準法には津波に対する基準が何もありません。津波に対しては無抵抗なのです。津波の危険性のある場所には家を建てるべきではありません。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

家を建てたい! から始まる家づくりガイド #9 葛原 千春 - 建築家(2014/06/15 17:01)

木造住宅は耐震性が低いのか? 八納 啓造 - 建築家(2011/08/06 12:00)

地盤調査 松永 隆文 - 建築家(2016/10/20 15:24)

本当に久しぶりの更新になってしまいました。耐震改修に取り組んでいます 木下 泰徳 - アップライフデザイナー(2016/10/01 15:02)

東京都耐震化アドバイザーの講習会に参加しました 栗原 守 - 建築家(2016/07/29 16:54)