人は弱いからちゃんとした人になれる【第2章-2】 - キャリアプラン全般 - 専門家プロファイル

松山 淳
アースシップ・コンサルティング コンサルタント/エグゼクティブ・カウンセラー
東京都
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

人は弱いからちゃんとした人になれる【第2章-2】

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. キャリアプラン全般
部下へ贈る言葉の花束

人は弱いからちゃんとした人になれる【第2章-2】



 美大の空間デザイン科を卒業し、希望通りの会社に就職した。
 大型複合施設の空間設計を手掛ける最大手である。

 母は仕事の内容をよく理解しなかったが、
 電話口から聞こえる美咲の明るい声に

 「そう、そうなの、それはよかったね」

 と、同じセリフを何度も繰り返した。

 入社後、花形の「流通一部」に配属された。
 先輩の教えを受けながら、アパレル系のブランドショップを手掛けた。

 ところが三年目の春、
  スーパーなど、チェンー展開している店舗を主に担当する
 「流通三部」へ異動になった。

 空間デザインの仕事に違いはないが、内容は大きく変わり、
 正月、豆まき、お中元、お歳暮など季節ごとの催事に合わせて、
 店内を装飾する仕事であった。

 上司は「一年で戻すから」と、お別れ会の席で熱く語ってくれたが、
 所詮は酒の席での話だった。

 それから、3年の歳月が流れている。

 * * *

 電車は、会社のある最寄り駅へと向かっている。
 横に立っている中村さんは、何も言わない。

 来年の春で定年だと記憶している。
 嫌いではないが、尊敬はしていない。

 同じ部に所属しながら、日々現場を飛び回る美咲とは縁が薄く、
 かつては、賞をいくつもとったデザイナーだったと聞いているが、
 本当なのだろうかと、疑っている。

 新年会、忘年会、送別会など、年に数度開かれる飲み会の席で
 社交辞令に近い会話をしただけだ。

 何を話したのか覚えていない。

 部長代理という微妙な役職で、部の事務的な仕事をしている。

 美咲より背が低く、春も夏も秋も冬も、
 いつも同じダークブラウンのジャケットを着ていた。


*1
*1この物語はフィクションです。 登場する人物名・団体名等は実在のものと一切関係ありません。