人は弱いからちゃんとした人になれる【第2章-1】 - キャリアプラン全般 - 専門家プロファイル

松山 淳
アースシップ・コンサルティング コンサルタント/エグゼクティブ・カウンセラー
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:キャリアプラン

藤崎 葉子
藤崎 葉子
(キャリアカウンセラー)
市村 光之
市村 光之
(キャリアカウンセラー)
宇江野 加子
(キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

人は弱いからちゃんとした人になれる【第2章-1】

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. キャリアプラン全般
部下へ贈る言葉の花束

人は弱いからちゃんとした人になれる【第2章-1】



 いつから「すいません」が口癖になったのだろう。
 電車の吊り革につかまりながら、美咲はつぶやいた。
 曇りだった空は茜色に染まっているようだ。
 夕焼け空は見えない。
 気味悪いくらいに重なるビルの色を見てそうわかるのだ。

 (夕焼け、東京に夕焼けなんてあったんだ)

 田舎で一人暮らす年老いた母を思い出す。
 元気にしているだろうか。一年も会っていない。

 疲れがたまった首の凝りをほぐそうと上を向くと、
 「結婚紹介所」の広告が目に入った。

 「理想の相手がきっと見つかります」と、
 大きな文字で書かれ、奇麗なモデルがウィデングドレスを着て、
 ブーケを持って微笑んでいた。
 あわてて車窓に視線を移した。

 何かが、心の中で切れそうになっている。

 クリスマス・イルミネーションのライティングカラーを、
 今年はグリーンからブルー系統に変えて欲しいと、
 依頼を受け、打合をし、確かに発注した。

 オーナーから携帯に電話が入り、別の現場から飛んで行くと、
 昨年と同じグリーンの光がお店を彩っていた。

 「あんたんとこは、丸投げか」

 美咲の顔を見た途端、投げられた言葉。

 「すいません、すいません」

 と、おびえた子どものように反射的に頭を下げた。

 それからオーナーの怒りがおさまるまで一時間かかった。

 正確には、上司の中村さんが来るまでだ。

*1
*1この物語はフィクションです。 登場する人物名・団体名等は実在のものと一切関係ありません。