上場した「リブセンス」を研究しよう!! - 新規事業・事業拡大全般 - 専門家プロファイル

萩原 貞幸
株式会社ファンドファンクション 代表取締役社長
大阪府
経営コンサルタント/起業家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

上場した「リブセンス」を研究しよう!!

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 新規事業・事業拡大全般

12月東証マザーズに25歳の最年少上場社長が登場した。

 

2011年9月期の売上が8億円、最終利益が2億円強という。

 

 

 

ポイントは3つある。

 

①WEBサイト、WEBサイト、WEBサイト。

 

人材事業、中古車事業、不動産事業を営んでいるのだが、

 

全てWEBサイトに集客し、WEBサイトを通じてのビジネスにしているのだ。

 

学生のときに立ち上げているので、無論 人材や中古車や不動産に精通、熟練

 

しているわけではない。

 

むしろ、業界人ではないので

 

従来からの慣習、枠にとらわれない発想ができるために

 

ビジネス化できたといえる。

 

とはいえ、リアルで業界経験のないものが

 

何かを売ることはできず、やはりWEBなんですよね。

 

WEB社会だからできたことなんですよね。

 

 

WEBには、企業を新生、再生する力がある!

 

 

②キャッシュポイント

 

お金を誰から、どの段階で頂戴するかということ。

 

リアルでは当たり前のことが

 

WEBの世界では、当たり前がないのだ。

 

リアルにおいては、当たり前のことです。

 

例えば、コンビニでモノを買って、その場で店の人にお金を払う。

 

店側すると、お客様にモノを売って、その場でお金を頂戴する。

 

 

しかし、WEBにおいては、この当たり前ということが

 

ないために

 

WEB事業をはじめる場合に

 

誰からいつお金をいただくか

 

このキャッシュポイントについて

 

考える必要があるのです。

 

実際、キャッシュポイントという単語を

 

使う人は、少なからずWEBで事業をしている人です。

 

 

例えば、このリブセンス

 

今まで、人材を募集したい企業が

 

他のサイトに案内をしようとすると

 

WEBサイト企業は、情報掲載料をもらっていた

 

そこを、このリブセンスは無料にしたということです。

 

 

 

③少人数経営

 

少人数であれば、爆発的に儲ける必要がない。

 

 

モノやサービスの価格の付け方に

 

コストアップ法というのがあります。

 

つまり、原価の積み上げで価格を決める。

 

 

今まで、大企業が独占していたような商品やサービスは

 

大企業コストとして価格を決めていることがあり、

 

安くすることで

 

大企業比 優位に立てることがあります。

 

 

リブセンスは、従業員数が少ないため

 

低料金でも十分にやっていけるということ。

 

 

注)一方、大企業の量産型によって

 

原価が安くなることも多々あります。

 

このコラムに類似したコラム

経営者様必見 営業員の不安を理解していますか。 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/01/14 18:50)

Mixiフルオープンで時代はどこへ進むのか 野本 愛貴 - 起業コンサルタント(2010/09/17 22:00)

【最幸ビジネスモデル】社会には雰囲気がある。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/12/10 09:23)

業績を圧倒的に上げる仕掛けと仕組みとは? 黒澤 森仁 - 組織と仕組みをつくる専門家(2013/12/09 15:13)

日経FC「最新フランチャイズマーケットトレンド」コラム掲載 高木 仁 - フランチャイズビジネスコンサルタント(2013/09/02 08:45)