サッシと床下地 同時進行 - 新築工事・施工全般 - 専門家プロファイル

納谷建築設計事務所 主宰
神奈川県
建築家
044-411-7934
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新築工事・施工

秋葉 忠夫
秋葉 忠夫
(工務店)
田中 伸裕
田中 伸裕
(建築家)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

サッシと床下地 同時進行

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 新築工事・施工
  3. 新築工事・施工全般
北茨城の平屋
現場では、いろいろな工事が同時に進行していきます。

数カ月前から打合せを重ね準備していたアルミサッシやスチール製の玄関扉がつきました。
すべての建具がオーダーメイドですから、打合せに費やす時間は半端ではありません。
そうやってミリ単位で決められた建具が正しく取り付けられているかチェックしていきます。

また内装工事では、すでに床の下地が終り、捨貼りがはじまっています。
これからはさまざまな仕上のための下地づくりが進んでいきますが、仕上の厚さや物によって下地から準備していかなければならないのです。

もちろん外部も同様です。
そうです、現場はたった一つしか造らない工事のために事前に何度も打合せをして、図面をチェックした上で決定し、発注をかけるのです。

時々、クライアントからの変更の要望があり、現場がまだできていないのに変更できない時がありますが、それはすでに検討が終って発注がかかってしまった後だったりするからです。

変更は、なるべく早めの方が希望がかなう確率が高くなります。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 建築家)
納谷建築設計事務所 主宰

家は住む人のもの。芸術でも、敷居の高いものでもありません

日本の街並み、住環境を豊かな空間に変えたい。建築が出しゃばることなく住む人のための住宅を提案したい。皆さんの家への願いを最短かつ最適に適えたい。だから僕らに遠慮なく何でも話してください。住宅はあなたのものなのですから。※僕が納谷兄弟の兄です

044-411-7934
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「北茨城の平屋」のコラム

本日、発売!(2007/01/19 00:01)

いつものセット!(2006/11/18 00:11)

レベルと空間は使い方(2006/11/04 00:11)