ロs灯、縁側、ピクチャーウィンドウ、昼寝・・・ - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

納谷建築設計事務所 主宰
神奈川県
建築家
044-411-7934
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ロs灯、縁側、ピクチャーウィンドウ、昼寝・・・

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
北茨城の平屋
メu北茨城の住宅」の和室は、リビングの片隅にあります。

決して十分な広さを備えているわけではありませんが、仏壇や押し入れが必要だったし、リビングの中で、単純な空間構成で終らないように心掛けました。

障子を閉めた様子は、家の中に行灯があるような感じかもしれません。

和室の2方の障子は、開放して腰掛けることが出来ます。
ちょうどリビングの中に縁側が出来たような感じです。
窓側の方に腰掛けるとちょうど四角い窓がピクチャーウィンドウとして家の前の自然を切取ってくれます。

こうして昼寝するのに気持ちの良い場所ができました。

和室だからとか、何々だからとか、絶対それでなければならないという理由にはこだわりません。
大切なのは、そこで何が要求されてどうすればその条件を満たしながら、より積極的な提案ができるかです。

答はひとつではなく、クライアントと一緒に創造していきたいものです。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 建築家)
納谷建築設計事務所 主宰

家は住む人のもの。芸術でも、敷居の高いものでもありません

日本の街並み、住環境を豊かな空間に変えたい。建築が出しゃばることなく住む人のための住宅を提案したい。皆さんの家への願いを最短かつ最適に適えたい。だから僕らに遠慮なく何でも話してください。住宅はあなたのものなのですから。※僕が納谷兄弟の兄です

044-411-7934
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「北茨城の平屋」のコラム

本日、発売!(2007/01/19 00:01)

いつものセット!(2006/11/18 00:11)

レベルと空間は使い方(2006/11/04 00:11)

ひらやと清流(2006/09/02 00:09)