【公正証書遺言サンプル】 - 家事事件 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【公正証書遺言サンプル】

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 家事事件
相続

遺 言 公 正 証 書

 

 本公証人は,遺言者甲の嘱託により,証人○○○○,同○○○○の立会いのもとに,遺言者の口述を筆記してこの証書を作成する。

第1条  遺言者は,遺言者の有する次の不動産を,遺言者の妻乙(生年月日)に相続させる。

一 土地

      所  在 ○○市○○町○丁目

      地  番 ○番○号

      地  目 宅地

      地  積 ○○.○○平方メートル

二 建物

     所  在 ○○市○○町○丁目○番地

     家屋番号 ○○番

     種  類 居宅

     構  造 木造瓦葺弐階建

     床面積  1階 ○○.○○平方メートル

          2階 ○○.○○平方メートル

第2条  遺言者は,遺言者の有する次の預金の払戻しを受け,遺言者の一切の債務の弁済及びこの遺言の執行に関する費用の支払いに当てた残金につき,遺言者の妻乙および次男丁(生年月日)にそれぞれ二分の一を相続させる。

     ○○銀行○○支店 普通預金 番号○○○○○○○

第3条  遺言者は,A株式会社の後継者を長男丙(生年月日)に定め,以上に定める財産以外の,次の財産を含むすべての財産を長男丙に相続させる。

一 土地

      所  在 ○○市○○町○丁目

      地  番 ○番○号

      地  目 宅地

      地  積 ○○.○○平方メートル

二 株式

      A株式会社(本店所在地・○○市○○町○丁目○番○号) 700株

三 預貯金

      ○○銀行○○支店 定期預金 番号○○○○○○○

第4条  妻乙が遺言者より先に死亡したときは,第1条により妻に相続させる財産はすべて長男丙に相続させる。

第5条  遺言者は,祖先の祭祀の主宰者として,長男丙を指定する。

第6条  遺言者は,この遺言の遺言執行者として,次の者を指定する。遺言執行者に対して,本遺言執行のための預貯金等の名義変更,解約及び換金等一切の処分を行う権限を付与する。

住  所 ○○市○○町○番○号

職  業 弁護士

氏  名 ○○○○(生年月日)

[付言]

この遺言は,妻乙の生活に不安がないようにすることを第一として作成したものです。また,長男丙は,A社の後継者であるから,この点を考慮して配分を決めてあります。以上の趣旨を十分理解してこの遺言を尊重し,長男丙と次男丁はお母さんに孝養を尽して下さい。

以上

本旨外要件

住  所

職  業

遺言者             甲

生年月日

右は,印鑑登録証明書の提出により,人違いでないことを証明させた。

住  所

職  業

証  人           ○○○○

生年月日

 

住  所

職  業

証  人          ○○○○

生年月日

以上のとおり読み聞かせたところ,一同その記載に誤りがないことを承認し,遺言者は病気のため署名ができないので,本職が代って署名し,遺言者はこれに押印し,証人両名はそれぞれ次に署名押印する。

遺言者  甲   ㊞

証人  ○○○○ ㊞

証人  ○○○○ ㊞

この証書は,平成○○年○月○日遺言者の右自宅において,民法969条第1号ないし第4号に定める方式に従って作成し,同条第5号に基づき,本職次に署名押印する。

役所所在地

○○法務局所属

公証人 ○○○○ ㊞

このコラムに類似したコラム

遺言書ー公正証書遺言を利用する場合の費用 村田 英幸 - 弁護士(2012/01/22 13:54)

Last Mission 遺言執行者のお仕事 パート2 白木 麗弥 - 弁護士(2012/02/01 09:00)

「国有財産法」 村田 英幸 - 弁護士(2013/12/15 10:39)

相続の基礎知識1 能瀬 敏文 - 弁護士(2013/11/04 13:17)