【褒められ依存症】 - 性格改善 - 専門家プロファイル

福島 あや
コラボカラーズ 甘辛!? シンキングアドバイザー
神奈川県
メンタルヘルスコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

斉藤ヒカル
斉藤ヒカル
(潜在意識セラピスト)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【褒められ依存症】

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 性格改善

さて、今日は褒める事ばかりが最善ではないという話し。

よく『あたし褒められて伸びるタイプなの♪』
と言う人がいるが
子供も大人も、育てる上で【褒め】過ぎると
自立が出来なくなると言う事を知っているだろうか。


そもそも、人は大なり小なり

誰かを自分の思う結果に導く為に、あらゆる言葉を投げかける。

命令、指示、共感、激励、誘導、突き放し、応援…等々

方法や言葉は様々で、相手によってかける言葉のニュアンスを変えるのが普通だろう。

しかし、【褒める事】と言うのは
【ナニか(物)で効果的に操作する事】
と同一線上である
と考えて貰いたい。

褒める事でやる気になるタイプ褒められ無いとやる気が起きず

褒められる事を好んでやるようになり
結果、褒められる可能性の高い順に選択肢を並べるのだ。


つまり、褒める(褒めてくれる)相手がいないとやる気がイマイチおきなくなる。


したがって、家族や友人がそれほど褒めてくれる対象ではないと

何故だかやる気スイッチが見つからないままに
『あたしだって頑張ってるのに…』
『やれるだけはやったのに…』と負のスパイラルに入り始める。

【褒め】もまた依存の高いものなのだ。

褒められなくても、自分を認める事・自分のポリシーに沿う事

あまり【褒め】に依存すると、褒められる自分しか愛せなくなる。

一生懸命やった自分の評価を人に委ね過ぎない事も必要だね。

 

このコラムに類似したコラム

不登校 ~ もう悩まないで 植山 真理 - パーソナルコーチ(2011/01/03 16:25)

*いつも意識しているコト* 田中 よしこ - 心理カウンセラー(2015/08/17 13:59)

*嫌な事は検証してみる* 田中 よしこ - 心理カウンセラー(2015/07/29 14:48)

いじめ問題を解消する方法! 斉藤ヒカル - 潜在意識セラピスト(2015/05/30 14:21)

せっかく褒めても受け取ってもらえず辛い 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2015/05/19 20:54)