排卵期に何回タイミングを取ればいいんでしょうか? - 心と体の不調全般 - 専門家プロファイル

松本 敏樹
そあら鍼灸院 院長
東京都
鍼灸師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心と体の不調

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

排卵期に何回タイミングを取ればいいんでしょうか?

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心と体の不調
  3. 心と体の不調全般
鍼灸治療 タイミング

自分でタイミングを取る場合、排卵期に何回タイミングを取ればいいんでしょうか?

いつもどうやって排卵日を特定していますか?

病院に行っている場合:

超音波検査や、排卵前に血液検査(病院によっては尿検査)をすることで

精度の高い特定ができます。

血液検査の場合は当日に結果が出るか要確認です。

病院に行っている場合はDr.が指導してくれます。

タイミング法ですね。

自分でタイミングを取る場合:

大体周期は一定でしょうか?

基礎体温は測っていますか?

いつも高温期は何日間ありますか?

例えば30日周期でいつも高温期が14日間続くとしたら、だいたい16日目あたりに排卵と考えます。

排卵の数日前からおりものが増えているのは確認できますか?

卵胞からエストロゲンが分泌されるので、その影響でおりものが増えます。

精子が子宮内に通過しやすい状態です。

排卵すると急激におりのもの質は変化し、精子が子宮内に入りにくくなります。

排卵後はグッと妊娠率は低くなります。

一般的に精子の寿命は3日ほど、

卵子の寿命は12時間ほど(6時間といわれることも)

排卵日がだいたい分かれば、排卵する前までの数日間にタイミングを取れば合いそうですね。

排卵された時点で、精子が卵管で待ち構えている状態にしてあげるといいのです。

排卵の3日前までが妊娠する確率が高いというデータもあります。

日を合わせるのであればその辺りでしょうか。

人工授精などはピンポイントで排卵日を知る必要がありますが、

タイミングは厳密にはその必要はありませんので、

常に2~3日に1度タイミングを持っていれば合わせる必要はないとは言えますが、

合わせる場合先の様に考えて下さい。そこで何回か取れるとよいでしょう。

あとは排卵検査薬を使用するのもいいでしょう。

ちなみに健康な男性の場合2~3日に一回射精しても

精液が薄くなって妊娠しにくくなるということもありません。

逆に長すぎる禁欲期間は精子の質が落ちるといいます。

 

 

まとめ

排卵日の3日前までが妊娠率が高い

精子と卵子の寿命を考え、精子が待ち構えている状態を考える。

 

 

そあら鍼灸院  自然妊娠を考えるサイトへ

このコラムに類似したコラム

お盆期間中も診療致します 市原 真二郎 - カイロプラクター(2016/08/12 23:49)

発達障害を考える 遠藤 光政 - カイロプラクター(2015/10/02 22:57)

残暑お見舞い申し上げます 市原 真二郎 - カイロプラクター(2015/08/14 22:42)

連休のお勧めスポット 大田 亜侑 - マインドブロックバスターインストラクター(2015/05/01 07:35)

やっぱり鍼灸師になって良かった 徐 大兼 - 鍼灸師(2013/08/20 10:58)