無垢の質感が心地よいLDK - リフォーム・増改築全般 - 専門家プロファイル

村上建築設計室 
東京都
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

無垢の質感が心地よいLDK

- good

  1. 住宅・不動産
  2. リフォーム・増改築
  3. リフォーム・増改築全般
光が丘のカリンハウス
玄関から左に歩むと、広々としたLDKがあります。

左の写真は、玄関の方向を振り返ったところ。
左側にキッチンとダイニング、中央奥側に玄関や個室、右側手前にシアタールームにもなるリビングがあります。

花梨庵は、基本的な仕上げを統一し、住まい全体が一体として感じられ、使えるよう設計しました。
普段は、風も通り抜けますし、開け放して使うことが多いと思いますが、時には空間を仕切りたいときもありますよね。そんなときのために、玄関との間の壁には引戸が隠されています。

床は、マルホンさんの無垢の花梨(カリン)フローリング。
自然な風合いを消さないよう、オイルフィニッシュで仕上げました。
表面に塗膜がないため、木の質感を足裏で感じることができ、思わず裸足になりたくなります。
そして、木のムラがシンプルな空間に重厚感を与えています。

漆喰の壁は、左官職人さんがスポンジでこつりつけるように手塗りし、ざっくりとした独特の表情を出しました。少し赤味を混ぜることで、花梨の床とより調和されたと思います。

造り付けの食器収納の脇には、クライアントがこの家に合わせて購入されたダイニングテーブルが置かれています。(左写真の左側にある食器収納の手前に、現在、右写真のテーブルが置かれています。)
無垢の木の感じが落ち着いていて、とても合っていますね。寛いだ雰囲気のなか、豊かな食事の時間が過ごせそうです。

村上建築設計室

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
村上建築設計室 

時間が経つごとにその土地に根付いていく、そんな家を創ります

東京・青山にて夫婦で設計事務所を開設。機能的で自然な美しさを持つ、時に淘汰されない建築を目指しています。光や風、日常の瞬間が美しく感じられる空気感を大切にし、その空間に触れた人々が豊かで幸せになれるよう、少しでも貢献したいと思っています。

カテゴリ 「光が丘のカリンハウス」のコラム

緩やかにつながる個室(2007/11/30 01:11)

テレビを置かない生活(2007/11/11 00:11)