今日から始めよう!英動詞で鍛える起業力【assess】 - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

菅原 茂夫
菅原茂夫税理士事務所 代表
東京都
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今日から始めよう!英動詞で鍛える起業力【assess】

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般

【assess:(財産など)を査定する;(価値)を評価する】

assessとは査定する、評価する、という意味に訳されます。

マーケティングで「顧客志向」という言葉があります。

もともとマーケティングの考え方は

「製品志向」(作り手にとって良いものを作ろう。良いものを作れば勝手に売れるという考え方)から

「販売志向」(作ったものをどうやって売るか)、

「顧客志向」(顧客の欲しいものを作る)

そして「社会・環境志向」(社会・環境にやさしいものを作る)と変わってきました。

ここで重要なのは「顧客志向」です。

顧客が何を望んでいるかを察知し、それに合ったサービス・商品を提供しなければいけません。

例えば、日本人は麺類、特にラーメンが好きな人は非常に多いです。

そして蟹なんかも日本人は大好物です。

この蟹をラーメンの上に乗せた「タラバガニラーメン」なるものを作ったとします。

思いついた人は「これはイケる。間違いなく売れる」と思うかもしれません。

しかし、ちょっと待って下さい。

自分は良いと思っていても世の中はそれを必要としているでしょうか?

流行るはずのものが流行らず、逆に、意外なものがブームとなったり、世の中のニーズはなかなか読めないものです。

スタートからコケないためにも、

ご自身のアイデアが一人よがりになってはいないか、

本当に世の中に受け入れられるのか、

本当に必要とされているのかなど、

本格的に準備に取り掛かる前にご自身のビジネスの価値を客観的に評価する必要があります。

このコラムに類似したコラム

今日から始めよう!英動詞で鍛える起業力【amuse】 菅原 茂夫 - 税理士(2011/12/08 12:00)

商品からサービスへ。起業の転換! 中川 強 - 起業コンサルタント(2011/09/02 08:32)

企業家は、何度も何度も起業を重ねて 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/01/18 20:19)

起業で最初に売れ筋商品を扱う落とし穴 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/12/28 20:06)

実際の起業の第一歩をどう進めます? 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/11/07 20:20)