住宅を購入する際の頭金はどのくらい必要か - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

山本 俊成
株式会社ファイナンシャル・マネジメント 
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅を購入する際の頭金はどのくらい必要か

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
ライフプラン 不動産対策(住宅ローン)
一般的には「物件価格の20%程度」の頭金を準備したほうがいいと言われてます。

民間の住宅ローンでは提携ローンや銀行独自のルールにより、物件価格の90%から100%の融資を受けることが可能な場合もあります。

しかし、借りられる額が必ずしも返せる額ではありません。
やはり将来の返済リスクなどを考慮して、最低でも購入物件価格の2割程度の頭金を準備したほうがいいと思います。

また、物件の購入時には別途諸費用がかかりますので、実際には売買価格の3割程度の自己資金を準備することを目標に資金計画をたてるのがよいでしょう。

実際にいくらの頭金を準備した法がいいかは、今後のライフプランや返済計画によって大きく変わってきます。
住宅ローンを組む際は、ライフプランを検証し、将来返済計画に問題がないかどうか調べる事が大切です。


FP山本俊成へのご質問・ご意見・ご相談はこちらをクリック