その6→何(なに)でもない私 - キャリアコーチング - 専門家プロファイル

and Cs 代表
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

その6→何(なに)でもない私

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. キャリアコーチング
コーチング・ほんとのところ・経験談 コーチングのいいところ10選
昔、郷ひろみさんのヒット曲に「How many いい顔」というのがありました。
え?古い?失礼!

あなたにはいくつ顔がありますか?

キャリアアドバイスの世界には、キャリアレインボウという考え方がありますね。
母、妻、ビジネスパーソン、娘、地域住民、学生。。。一人がいくつかの顔をバランスよく持っていきること。


さて、ビジネスの場には、その顔をしなくてはいけないこと、あります。
管理職なら、管理職らしく。社命を背負って・・

でも、私が扱っているライフコーチングという領域になると、その立場を超えること、大事になってきます。
大きな枠でご自分をみてもらいます。

あなたは本当は何がしたいの?あなたが生かされている意味と価値はどこにある?

人はここに気づくと大きく変化します。今の仕事をイキイキできるようにもなるし、道が違っているのなら戻ることもできる。

とくになんのタイトルもない、自分になって見つめてみませんか?

ローマの休日よろしく・・・ああすぐなりきっちゃうのよね、私。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(パーソナルコーチ)
and Cs 代表

「傾聴力」が高まった職場では、組織の実力が劇的に変わります

「正しく聴ける力=傾聴力」を高めることにより、コミュニケーション能力が向上し、人間関係において、望ましい関係を構築することができます。コーチングの手法を用いた「人を伸ばす」研修により、個人の成長と企業の成長を支援しています。

カテゴリ 「コーチング・ほんとのところ・経験談」のコラム

その7→新しい可能性!(2007/11/07 00:11)

その5→自己責任がいい!(2007/11/03 00:11)