土地と建物にかかる諸費用の項目 - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

奥山 裕生
奥山裕生設計事務所 主宰
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

土地と建物にかかる諸費用の項目

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅
コラム

夏以降、土地探しのご相談に乗らせて頂いた方が来所。

先週末に無事、土地契約を結ばれ、

次は決済に向けて、銀行と住宅ローンの詰めの段階です。

 

この段階で、把握しておきたいことが、費用の内訳。

特に、諸費用と呼ばれるものがいくらかかるのかということ。

諸費用については、正確に把握するのが、なかなか難しいものです。

 

今日はヒアリングを重ねながら、

ひとつひとつ整理していきました。

諸費用の内訳としては、以下のような項目があります。

 

☆土地に関わる諸費用

仲介手数料

収入印紙

所有権移転登記費用

固定資産税精算金

 

☆建物に関わる諸費用

工事契約の収入印紙

滅失登記費用

建物表示登記費用

所有権保存登記

 

☆住宅ローンの諸費用

ローン契約の印紙税

融資事務手数料

融資保証保険料

融資手続き代行料

団体信用生命保険料

火災保険料

抵当権設定登記

 

☆その他の諸費用

水道負担金

確認申請・完了検査申請料

敷地・地盤調査費用

引越し費用

エアコン費用

仮住まい費用

地鎮祭初穂料

上棟式祝儀・土産代

近隣挨拶費用

 

項目だけでも、上記のように、たくさんあります。

これらの金額を把握することが難しい理由としては、

支払う先がそれぞれ違うということです。

不動産会社、銀行、司法書士、土地家屋調査士、測量士、

保険会社、確認審査機関・・・などなど。

 

つまり、誰かに聞いても、他のことはわからないというのが実情です。

しかし、これらの総額は、200万~500万という大金です。

最初に予算組みしておかないで、後から気づいて、

あわてて資金繰りをするという事態は避けたいものです。

 

となれば、やはり、家づくり全体に関わる設計事務所に

ご相談いただき、活用されることがお勧めです。

建築士であれば、上記の諸費用以外にも、

建築工事費はもちろん、解体工事費、外構工事費、

地盤改良工事費、給水引込み工事費などの概算も把握して

アドバイスすることが可能です。

 

是非、土地探しの段階から設計事務所にご相談頂き、

無理のない資金計画で、安心して家づくりをお進めください。

 

このコラムに類似したコラム

渋谷をめぐる ひとつのライフ・スタイル 岩間 隆司 - 建築家(2014/09/28 13:58)

「いい家」と呼ばれる家に時代を超えて共通することとは 松岡 在丸 - 建築プロデューサー(2014/03/31 23:42)

土地の値上がり 福味 健治 - 建築家(2013/05/04 09:33)