へんな間取りとへたな図面! - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

杉浦 繁
Atelier繁建築設計事務所 代表
愛知県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

へんな間取りとへたな図面!

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般

 

「へんな間取り」って本を本屋さんで見かけました。

 

なかなかに面白い・・?

「へんな間取り研究会」っちゅうのが出してるらしいです。

 
なんだか、そのあやしい研究会に参加してみたくなるような名前です・・。

 
ブログでへんな間取りを集めてる・・

なんちゅう所もたくさんあります。

 

検索サイトで「へんな間取り」とか「どうかと思う間取り」って入力するとたくさん出てきます。

 

ただ・・

こういうのってなぜだか不動産屋さん系の物が多いようで・・

基本的には「へんな間取り」で困った!

ってことを書いている、ことが多いようです。

 

我々のような建築屋が「へんな間取り」を作ったって事ではなく・・

それを、ようするに売ったり貸したりする人達が・・


まあ、考えてみればそりゃそうだ!

 

だって・・

作ってる建築屋は皆々当然いいと思うからつくってんだから!

ようするに自己満足の極地達がそういう不動産屋泣かせの「へんな間取り」を作るわけなんだな。

 
こんなもん、誰が借りるんじゃ?

・・と、困る不動産屋さんが哀れです・・


何はともあれ・・

なんじゃこりゃ?

とか・・

こんなとこ誰が住むねん?

とか・・

 

人ごとだと・・

まあ、非常に面白いのです。

 

そして・・

自分の身に降りかかることのないよう頑張りましょう。

 

 

 

では・・

その「へんな間取り」っちゅうのはってことで・・

 

たとえば・・

細長ーーい間取り。

20坪ほどのマンション、細くて長ーーい!両端に部屋、その面積のほとんどが廊下!

家賃は同じ・・

誰が借りる?

これは、ないようで結構よくあるパターンです。

整形のマンションなんかを企画するとどうしても余ったスペースが出来てこうゆうのが出来る。

 

素晴らしく格好いいらしいデザイナーズマンション!

ただ、部屋の形がへんてこりん・・

三角の部屋とか平行四辺形の居間とか。

どうやって使うんじゃ?

家具置けへん。

ソファー置いても、どうやっても正面にTV置けない。


まあ、それはいいとして・・

そこそこ大きな4LDK。

40坪もある家・・

なのに風呂もシャワーもない・・

なんで?

意味わからん?


そんで・・

いかにも普通に見える間取りのマンション。

じっと見てると何か変?

ああ、そんな便所をどうするのって。

便所が8帖、寝室6帖・・

どうしてそこを便所にしたのか?

何があなたをそうさせた?


最後に・・

地下室付きの住宅・・

それは便利、倉庫に使おう!

ところがところが、この地下室・・

入り口がない。

は?

何それ?

よくよく見ると、これはたぶん本来は排水用の調整池、雨水をためて調整して排水するためのタンクのようなもの。

そこに部屋のどこかからハッチか何かで降りるらしい。

なぜか、それが部屋として図面に描いてある・・

使えってことらしい、面積にもしっかり含んでいる。

どうやって?


これらは、本などに書いてあったわけではないのですが・・

よくある、よく聞く、どっかで見た「へんな間取り」です。

 

なんでそうなったんだかは・・

作った人に聞いてください。

 

 


いろいろと「へんな間取り」を見ていると・・

どうも「へんな間取り」ってのにはもう1種類あるようです。

 

それは、間取りを紹介するための図面が・・

間違っているというもの。

 

ようするに「へたな図面」です。

 

そしてそれは、単純に間違いであろうと思われる物と、描き手の未熟や無知による物があるようです。

 

この家には窓や扉がありません。

ですから、常に真っ暗で・・

そもそも中にはいることが出来ません。

って・・

ようするに、開口部を間違って全て塗りつぶしてしまっているんですね。

 

どっからでも入れますマンション!

って・・

階段上ったら、そこから廊下が玄関のみならず居間の窓や部屋の窓全てにつづいていて、どこからでも入れるセキュリティーなどまったくないマンション。

ようするに廊下とバルコニーをわける部分を書き忘れている。

 

帖数を間違えているとか・・

縮尺を間違えているとか・・

スケールアウトして異様に小さいキッチンとか・・

そんなんは当たり前にありますな。


学生の頃・・

バイトで図面を描いていると・・

必ず一人や二人はやらかす間違いは・・

 

階段上がるとそこは便所・・

とか・・

階段降りるとそこは外の庭・・

とか・・

ユニットバスの上になぜか吹き抜け・・

とか・・

 

ようは空間認知能力の欠如によるもの。


そんなんも、なんぼでもありますな。

何しろ図面描いてるのが素人です。

 

 

 

【 このコラムはブログ記事をまとめた物です。詳しくはブログ「よもやま建築日記~家づくりの現場から~」をどうぞ。 】

 

 


Blog:よもやま建築日記~家づくりの現場から~
http://ameblo.jp/ateliershigeru/

Atelier繁建築設計事務所HP
http://homepage3.nifty.com/ateliershigeru/

 

このコラムに類似したコラム

賃貸住宅「F-HOUSE」のオーナーさんより 奥山 裕生 - 建築家(2011/11/16 23:00)

設計事務所の土地選びのアドバイス! 遠藤 浩 - 建築家(2010/12/24 21:22)

器用貧乏 関本 竜太 - 建築家(2010/06/07 08:00)

ムラサキツユクサ 野瀬 有紀子 - 一級建築士 インテリアコーディネーター(2016/07/24 22:50)