No.191 メキシコ国民食の地位を得たニッポンの「マルちゃん」 - ブランド戦略・ネーミング全般 - 専門家プロファイル

澤田 且成
アイディーテンジャパン株式会社 企業ブランディングコンサルタント
東京都
ブランドコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ブランド戦略・ネーミング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

No.191 メキシコ国民食の地位を得たニッポンの「マルちゃん」

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ブランド戦略・ネーミング
  3. ブランド戦略・ネーミング全般
ブランディングニュース 『世界で活躍するニッポン・ブランド』

==============================================================
No.191 メキシコ国民食の地位を得たニッポンの「マルちゃん」ブランド
--------------------------------------------------------------
“選ばれ続ける仕組み”を設計するメールマガジン      2011.11.07

 ブランディングニュース『世界で活躍するニッポン・ブランド』

==============================================================
【参加者募集開始!11月25日(金)ブランディング勉強会】

『中国市場で後発企業が飲食ビジネスで成功させる日式ブランドの生かし方』

人口13億人の中国人消費者の胃袋を満たす飲食ビジネス。
この凄まじい消費力に注目し、ビジネスチャンスを手にしようと
多くの飲食ビジネス企業が中国にわたりました。

時流に乗って成功した経営者。
理想と現実に悩む経営者。

後発企業は先発企業から何を学び
何に気をつけなければいけないのか?
そもそも後発企業にビジネスチャンスはあるのか?

今回のブランディング勉強会では、中国の将来性に注目し、
視察旅行、物件交渉、人材採用、出店、人材育成、ストライキ対応、
ビラ配り、チェーン展開、中国人有力者との交渉まで
現場の最前線で指揮をとり、3年間で年商3億円まで(しかも2店舗のみで!)
成長させた方からお話をいただきます。

日本企業がまだまだ気づいていない日本発であることの強みを再認識し、
この魅力どのように使って、中国飲食ビジネスの指揮をとればいいのか・・・・

これから中国進出を考えている経営者の方はもちろんのこと、
すでに進出している経営者の方も新しい発見が学べるチャンスです。

⇒ http://www.id10.jp/seminar/111125
-----------------------------------------------

こんにちは。
アイディーテンジャパン・ブランディングニュース編集局です。

暦の上では、明日11月8日に立冬を迎えますが、
先週は真夏日があったり、また雨が降り続くことも多く
まだまだ季節は「秋」という感覚が残っています。

とはいえ、今年も残り2カ月を切り、いよいよ総仕上げの時期に。
年初の目標を思い出し、さらに前進したいものです。

さて、今回のブランディングニュース
『世界で活躍するニッポン・ブランド』は、即席麺シェアNo.2の
東洋水産「マルちゃん」を取り上げます。

マルちゃんといえば、日本では
「赤いきつね」シリーズや「ホットヌードル」、「麺づくり」など
湯を注ぐタイプのカップ麺でお馴染みです。

ブランディングニュースでも、以前に日清食品を取り上げましたが
日本では日清食品が即席麺市場を開拓し、
今では複数のメーカーが、少しずつシェアを分けて推移しています。

しかし、太平洋を越えたメキシコでは
ニッポン・ブランドであるマルちゃんが8割超のシェアをもち
「国民食」のポジションを得るほどの人気です。

こうしたメキシコの状況は2005年あたりから度々ニュースで
取り上げられていますので、読者の方はご存じかも知れません。

ですが今回は、その人気ぶりを再検証しつつ
ブランディングの視点から特筆すべき点を考えていきたいと思います。

東洋水産株式会社
http://www.maruchan.co.jp/


*        *        *

--------------------------------------------------------------
<本日の内容>
--------------------------------------------------------------

[1] "選ばれ続ける仕組み"の事例:
メキシコ国民食の地位を得たニッポンの「マルちゃん」ブランド

[2] 編集後記

[3] 採用情報

--------------------------------------------------------------
[1] "選ばれ続ける仕組み"の事例:
メキシコ国民食の地位を得たニッポンの「マルちゃん」ブランド
--------------------------------------------------------------
■ 「マルちゃんする」という動詞まで生まれた人気

スーパーの店内に設置された「マルちゃんコーナー」。
駅売店でも販売され、立ち喰いそば感覚で食べられる「マルちゃん」。
これはメキシコで2004年あたりから見られる光景です。

日本では1962年から販売されるマルちゃんの即席カップ麺が
海外へと進出したのは1972年。
アメリカに現地法人を設立し、4年後から現地生産をはじめました。

メキシコでの人気は、このアメリカからの「お土産」として
労働者たちが持ち帰ったことがきっかけといわれており、
メキシコが経済不況を乗り越える中でトップシェアとなりました。

国民生活での馴染み深さを象徴するエピソードとして有名なのは
「マルちゃんする」という言葉の誕生。

国民議会が早々に審議打ち切りをしたニュースには
「議会がマルちゃんした」との見出しが。

またサッカー・メキシコ代表が行った素早いカウンター攻撃を
「マルちゃん作戦」と呼ばれることもありました。

こうした状況をまとめたロサンゼルス・タイムズ紙は、
マルちゃんの人気にメキシコ伝統料理が危機に瀕していると報じ
その過熱した人気ぶりは世界的にも有名になりました。

続きはこちらから。

⇒ http://www.id10.jp/brandingnews/111107

このコラムに類似したコラム

エグゼクティブプレゼンスが必要な人とは 丸山 ゆ利絵 - 経営者・エグゼクティブのコンサルタント(2015/01/27 11:23)

簡単なブランディンについて 吉原 賢 - クリエイティブディレクター(2014/09/01 15:21)

なぜ、中小企業ビジネスはソーシャルメディアと相性がいいのか? 第3回 清水 圭一 - IT経営コンサルタント(2014/04/03 07:00)

中小企業の『ブランディングへの6つのヒント』その6!!! 南 卓志 - ブランドコンサルタント(2013/10/31 09:00)

中小企業の『ブランディングへの6つのヒント』その5!!! 南 卓志 - ブランドコンサルタント(2013/10/27 09:00)