No.185 サマンサタバサに学ぶ“共感する”ターゲットへの戦略 - 販促・プロモーション戦略 - 専門家プロファイル

澤田 且成
アイディーテンジャパン株式会社 企業ブランディングコンサルタント
東京都
ブランドコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:販促・プロモーション

青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
福田 幸治
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

No.185 サマンサタバサに学ぶ“共感する”ターゲットへの戦略

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 販促・プロモーション
  3. 販促・プロモーション戦略
ブランディングニュース 『世界で活躍するニッポン・ブランド』

==============================================================
No.185 サマンサタバサに学ぶ“共感する”ターゲットへの戦略
--------------------------------------------------------------
“選ばれ続ける仕組み”を設計するメールマガジン      2011.09.26

 ブランディングニュース『世界で活躍するニッポン・ブランド』

==============================================================
【お知らせ:10月2日(日)3日(月)ロッキー・リャン氏&神田昌典氏セミナー】

~プラチナ席、完売御礼~

今週、いよいよ中国で大成功を収めた台湾出身ロッキー・リャン氏の
セミナーが開催されます。
⇒ http://bit.ly/pOYZax

アジア市場で活躍するビジネスリーダーが必要な要素とは何か?
会場に参加しどんな体験ができるのか?今から楽しみにです。


年商10億円以上の中国企業経営者グループの代表団50名との
ビジネス交流会に参加できるプラチナ席は完売したそうです。

この中国企業経営者グループが日本に滞在する期間、弊社代表の澤田は
毎日共に行動し、ブランド戦略経営について講義をいたします。

最も勢いがあり、最も競争の激しい中国市場で著しい成功を収めた
中国企業経営者は日本市場をどうみるのか?
日本の商品・サービスをどう見るのか?
訪日旅行の可能性をどう見るのか?
についてヒヤリングも行います。

こちらについては追ってご紹介させていただきます

⇒ http://bit.ly/pOYZax
----------------------------------------

こんばんは。
アイディーテンジャパン・ブランディングニュース編集局です。

9月中旬に盛り返した暑さも落ち着き、
ようやく秋を感じる涼しさが訪れました。

先週は週のはじめと終わりが連休ということで
行楽に出かけられた方も多かったのではないでしょうか。

季節が変わる秋は、
新しいファッションアイテムが欲しくなる季節。

今回のブランディングニュース
『世界で活躍するニッポン・ブランド』は、この時期にふさわしい
人気ファッションブランド・サマンサタバサを取り上げます。

若い女性向けのバッグ、ジュエリーのブランド・サマンサタバタは
日本企業のサマンサタバサジャパンリミテッドが企画・運営。

バッグを輸入販売していた寺田氏が1994年に設立し
日本女性が好む“かわいい”バッグを国内外に提案してきました。

この9月には、韓国のロッテ百貨店内、中国の北京市内に
それぞれ第1号店の出店を果たしたニュースで
業界を超えて話題となっています。

憧れのモデル、女優が身につけるアイテムを身につけたい。
そんな女性の気持ちに立った戦略で成長を遂げてきた
日本を代表するブランド・サマンサタバサ。

今回はサマンサタバサのブランド戦略から
“共感する”ことの大切さを考えていきたいと思います。

Samantha Thavasa Japan Limited
http://www.samantha.co.jp/

*        *        *

--------------------------------------------------------------
<本日の内容>
--------------------------------------------------------------

[1] "選ばれ続ける仕組み"の事例:
 サマンサタバサに学ぶ“共感する”ターゲットへの戦略

[2] 編集後記

--------------------------------------------------------------
[1] "選ばれ続ける仕組み"の事例:
 サマンサタバサに学ぶ“共感する”ターゲットへの戦略
--------------------------------------------------------------
■ ロングセラー商品がブランドの知名度を押し上げ

サマンサタバサといえば、ファッション誌や女性誌で
人気モデルが手にしているバッグやジュエリーの定番ブランド。

毎年、シーズンごとに変化する流行ファッションにマッチする
バッグやジュエリーを多彩に提案してきました。

ブランドのロングセラー商品でもあるオルラーレは
独特な形をした木の持ち手と箱形バッグが特徴的で、
都会を歩けば、誰もが一度は目にしたことがあるアイテムです。

それまでも海外ではなく、国内で企画商品を製造するこだわりで
注目されていましたが、ヒット商品にも恵まれ
2005年4月に旗艦店を出店。その年の末に株式上場も果たしました。

その後はコンセプトの異なるブランドの立ち上げ、企業買収など
さまざまに戦略を模索しつつも、
常にグローバルブランド化を意識した展開と行動を続けています。

続きはこちらから

⇒http://www.id10.jp/brandingnews/110926