そのターゲットは本当に存在するのか? 1 - 新規顧客開拓 - 専門家プロファイル

うえた さより
株式会社ローズ・ウェッジ 代表取締役 カラーアナリスト・コンサルタント
マーケティングプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:販促・プロモーション

青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
うえた さより
うえた さより
(マーケティングプランナー)
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

そのターゲットは本当に存在するのか? 1

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 販促・プロモーション
  3. 新規顧客開拓

これまで「ターゲット」と言っているので、あなた様はわかると思いますが、標的とするお客さまのことです。だいぶ以前のことではありますが、ある女性の経営者さんからご相談がありました。やや立ち話にちかい話でした。

彼女の本業は着物を販売やレンタルの仕事をしておりました。会社設立と同時に女性の美を追求したようなセミナー(カルチャーセンターのおしゃれなタイプをイメージされたらいいでしょう。)を開催したいので、地元の講師と打ち合わせをして講義の段取りをしていました。私にも声がかかりました。

イメージコンサルもしているということで・・・。しかし、私はちょっと、そのセミナー、考えました。疑問があるからです。

「ターゲットが本当にこの地方都市にいるのでしょうか?」

と頭の中でグルグルと回りました。彼女が言うターゲットは「セレブ」。

では、具体的にその客層をあげていきましょうか。彼女は

「30代〜60代の女性」

以前、私のコラムを読んだ方なら、30代と60代では好みが違うのじゃないですか?とか、たとえ、30代といっても、働いている独身女性、それから主婦の方とライフスタイルが違うのではないですか?

と思ったはず・・・。思ってくれて大正解なんですよ。

そう、ターゲットの像が明確に浮かばないはずです。知り合いである私がズドンと言って、気を悪くされてはいけないので、黙っておりました。

ある日、男性の経営コンサルの方が、ずばりその点を指摘されていましたね。横で聞いていて「そうそう。」と思いました。

「30代の方が共感するのと、60代の方が共感するのは全然違うと思うのです。むしろ、どちらかに絞られたほうがいいかもしれませんね。」

彼女が気付いて工夫するのかと思いきや、彼女の中では、「セレブ」が一つのくくりなのでしょうね。そのままでした。私も講師として名前は連ねていたものの、セミナーのスケジュールは出していませんでした。(わかりますもんね。)私の経験がズバリ当たったというと、彼女に申し訳ないのですが。セミナーを一般に告知、広告をされて3ケ月もたたないうちに、セミナー部門は休止することになりました。

何がいけなかったのでしょう。

大都市圏にお住まいの方なら、問題はなかったと思うのですが、ここは地方都市。人口は100万人に満たない都市です。「セレブ」が存在しなかったと思うのです。

彼女はターゲットを「セレブ」の女性としていたようです。イメージしていたと思うのです。ご主人の収入がそこそこあり、のんびり有閑マダムをしているような女性。もしくは、働いている女性でかなりの収入のある人。

・・・がそのセレブは幻でしかなかったわけです。ターゲットが本当に存在するのか?どういうものを好み、どういう消費をしているのか?未然に調べていればなんてことはなかったと思うのです。


このコラムに類似したコラム

ビジネスにおいて色彩がなぜ重要なのか 1 うえた さより - マーケティングプランナー(2011/10/30 15:07)

男性より、女性の可処分所得の方が多い事実! 北村 卓 - マーケティングプランナー(2013/01/16 10:59)

「集客」ができる人、そうでない人の違い うえた さより - マーケティングプランナー(2012/06/06 10:17)

億単位、稼ぐ人の頭とは? うえた さより - マーケティングプランナー(2012/05/04 08:00)

「集客」その1歩が踏み出せない。 うえた さより - マーケティングプランナー(2012/04/22 08:00)