別れさせ工作を使いたい貴女へ 1 - 浮気問題・不倫トラブル - 専門家プロファイル

阿妻 靖史
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
松山真己
(臨床心理カウンセラー/パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

別れさせ工作を使いたい貴女へ 1

- good

恋愛セラピストのあづまです。


この世界には、別れさせ工作を行うお仕事があります。

非常に高額ではありますが、使いようによっては、本当に別れさせることができるようですね。

私は、幸せなカップルを増やすことを使命として活動していますので、その立場からコメントさせていただきます。

三角関係になっているときというのは、ふたつの関係があります。
妻(あなた)と夫の関係
不倫相手と夫の関係

不倫が発覚したときには、問題の所在は「不倫相手と夫の関係」であると短絡的に結論づけやすいものです。もちろん、そのような関係があることは、重大な問題であることは間違いありません。

但し、よくよく考えてほしいのは、
★妻(あなた)と夫の絆を強くすること
★不倫相手と夫の関係を切ること

いったいどちらが本質的に大事なことか、ということです。
夫がどうしようもない浮気癖を持っていて、夫婦の絆をしっかり作ったところでやはり浮気を繰り返す人だというのなら、結婚生活を続けるのも別れるのも、本当に覚悟を決めて進む必要があると思いますが、

多くの場合、夫婦間の溝ができたことが、不倫の原因の一端になっています。

別れるときには、夫に徹底的に責任を取らせることが必要ですから、不倫の原因の一端が、夫婦間の溝を作った自分にあるなどとは口が裂けても言うべきではありませんし、しっかり闘って、キッチリ取るものを取って別れるべきです。

しかし、修復するときには、相手を責めれば責めるほど、相手の心は離れていきます。これでは、まったく逆効果です。不倫相手とは別れてくれたけれど、夫婦関係は前よりも冷え込んだ、では目も当てられません。

別れさせ工作を使いたい貴女へ 2」へ続きます。

「恋愛の悩みに関するコラム:女と男の心のヘルス」

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

別れさせ工作を使いたい貴女へ 2 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2011/11/18 14:00)

何故?浮気をしてしまうのか?愛情は変わるのか? 坂井 利行 - 探偵(2013/05/16 09:00)

【相談実例】私の浮気、夫の浮気。互いにケリはついているはずなのに…。 久保田 優子 - 離婚アドバイザー(2013/02/02 10:06)

ホテルに行ったが不貞行為はない案件 田中 圭吾 - 行政書士(2012/10/28 13:31)

出来事に、堂々と対応できる自分になろう 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2012/09/28 14:00)