新しいチャレンジに不安が無いかという質問を受けました。 - キャリアコーチング - 専門家プロファイル

冨永 のむ子
パーソナルクレド舎 COO クレド作家
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

新しいチャレンジに不安が無いかという質問を受けました。

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. キャリアコーチング
たった一つの物語を作る、パーソナルクレド舎 パーソナルクレド®とは

こんにちはパーソナルクレド舎 クレド作家の冨永のむ子です。

昨日ゲスト参加させていただいた

高木重利・天野敦之税理士法人

人を幸せにする会社を創るセミナーや懇親会で、

受講者の方からいくつかの質問をいただきました。

いただいた質問は、

自分で何かをしたいと願う人の多くが、抱くものだと思ったので
この場でも、振り返ってみたいと思います。


一つ目の質問は、
「他に誰もやっていないことを始めることに、不安はないですか?」という問いでした。


その場でどうお答えしたか正確には覚えていないのですが、今思うこと。

不安が無いかと言われれば、無いはずがない。
うまくいっている時だってその状態が続くかどうかは心配と言えば心配。

でも、不安で心をいっぱいにして、前に進むのを辞めるとか、
不安だからという理由で、何も変わらない毎日を選んだ時、

そこにある景色を心から楽しめるないなら、

不安はよそにおいて前に進んだ方がいい。

何かを始める時の、不安な気持ちの実態は、
失敗するんじゃないか、ということだと思うけれど、

うまくいかなかったことがわかれば、それは学び。

次はうまくいく方法を考えればいい、
そもそももともとが0だと思えば、怖いものはない

お金や人脈がなくたって、無いなりに何かをすればいい、

前に進むことを躊躇させるのは、今持っているものを失うことへの不安。

でも失敗して、仮に何もかもを失ってしまったとしても、命さえあれば、前に進める。

震災で家も持ち物も何もかも失った方が、あれだけがんばっているのに、
実態のない不安を抱いて時間を無駄にていていては、バチが当たると思うんです。

それに、実際に、当事者になってみたら、もうダメってことは、きっと殆どない。

以前、ブログに「いつだって今は大丈夫」という記事を書きました。

初めてという方は、そちらもよかったら読んでください
いまこの瞬間、誰でもみなつねに大丈夫


いつだって大丈夫と思って、運を天に任せると、

自然と追い風が吹いて来てくれるように思います。

感謝ですね☆