賢い生命保険の見直し方(その4) - 保険の見直し - 専門家プロファイル

株式会社清水保険資産設計 代表取締役
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
堀池 泰
堀池 泰
(保険アドバイザー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

賢い生命保険の見直し方(その4)

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険の見直し
保険見直しのポイント 生命保険の見直し方

しかくとさんかく

必要保障額の考え方には二つありますが、いずれにも共通することは、必要保障額は年々減少していくということです。

わかりやすく単純化した例で、
たとえば、子供が大学を卒業するまでの20年間、毎年200万円の生活費が必要だとすると、
現時点では20年×200万円=4,000万円が必要ですが、1年後は19年×200万円=3,800万円となります。
10年後は10年×200万円=2,000万円と、毎年減少していくことになります。

一方、10年以上前に生命保険に加入された方のほとんどは、「定期保険」もしくは「定期付終身保険」という保険に加入されています。思い当たる方は自分の保険証券を確認してみてください。

この定期保険というのは、一定期間(たとえば60歳まで)、一定金額(たとえば4,000万円)を保障しますというものです。

この保障内容を図で書くと長方形(しかく)になります。

ところが、本当に必要な保障金額は、最初は大きな金額でも、毎年減少していきます。

この本当に必要な保障内容を図で書こうとすると、さきほどの長方形(しかく)を左上から右下までの直線で切り落としたような三角形(さんかく)になるのです。

清水保険資産設計 http://www.sifp.ecnet.jp

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ファイナンシャルプランナー)
株式会社清水保険資産設計 代表取締役

あなたの将来をアシストする"ファイナンシャルプランナー"

限りある人生、夢を実現するには人生の設計図が必要です。保険の見直しをはじめとする保険設計、資産計画の作成、資産形成と管理保全などをサポートしています。お金で悩まず、人生を楽しむためのトータルファイナンシャルプランを実現できたらと思います。

カテゴリ 「保険見直しのポイント」のコラム

このコラムに類似したコラム

賢い生命保険の見直し方(その8保険料をさらに安く) 清水 光彦 - ファイナンシャルプランナー(2012/03/16 20:14)

賢い生命保険の見直し方(その5) 清水 光彦 - ファイナンシャルプランナー(2011/11/01 11:06)

また、生命保険のかけ過ぎか・・・ 前野 稔 - ファイナンシャルプランナー(2012/08/27 17:00)

賢い生命保険の見直し方(7:保険料の違い) 清水 光彦 - ファイナンシャルプランナー(2011/12/02 19:33)

賢い生命保険の見直し方(その6) 清水 光彦 - ファイナンシャルプランナー(2011/11/23 18:30)