安全な不動産業者の見つけ方? - 不動産購入・契約 - 専門家プロファイル

楯岡 悟朗
きねや不動産株式会社 営業主任
東京都
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

楯岡 悟朗
楯岡 悟朗
(不動産コンサルタント)
森田 芳則
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

安全な不動産業者の見つけ方?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産購入・契約

以前どこかで見たウェブサイトで、

 

 

「安全な不動産業者の見つけ方」

 

 

のような記事がありました。

 

どういう内容だったかと言うと・・・

 

 

不動産業者には免許番号というのがあります。

 

例えばこんな感じです。

 

 

「東京都知事(3)×××××号」

 

 

補足ですが、

 

東京都に支店がいくつあっても、

 

 

「東京都知事」

 

 

は変わらないですが、

 

東京に本店、

 

神奈川に支店で2つ以上の都道府県に渡っていると、

 

 

「国土交通大臣」

 

 

になります。

 

 

このカッコ内の数字は、

 

 

「不動産業者として何回免許を更新してきたのか?」

 

 

を表す数字です。

 

つまり数が多いほど老舗の不動産業者で、

 

若い数字ほど最近出来た会社と言うことです。

 

これは確かに正しいことです。

 

 

ちなみに何かトラブルを起こし、

 

それが悪質だった場合、

 

免許は取り消されます。

 

 

で、その記事によると、

 

免許番号が大きい老舗の不動産業者は、

 

 

「免許を取り消されることなく更新を続けているのだから、

 

トラブルの少ない良い会社だ。」

 

 

と言っています。

 

 確かに一面は正しいかもしれませんが、

 

 

免許番号が古い=良い不動産業

 

 

という図式は当てはまりません。

 

 

確かに大きなトラブルを起こしていないので、

 

今まで不動産業者として存在出来たのかもしれませんが、

 

不動産業者には大なり小なりトラブルがつきものです。

 

免許が取り消される程のトラブルは余程のことです。

 

 

昔の感覚でサービス精神のかけらもない古い業者もあれば、

 

 

「不動産業はサービス業」

 

 

と新しい感覚を持って営業している、

 

免許番号の新しい不動産業者もあります。

 

ですから免許番号だけで、

 

不動産業者の善し悪しが判断できるとは思えません。

 

 

ではどうやって良い悪いを判断したらいいのかといったら、

 

 

「100%これ!」

 

 

という方法は正直ありません。

 

 

しかし、現在はインターネット経由での問い合わせが多いので、

 

問い合わせに対する対応などで、

 

ある程度は絞り込めると思いますよ。

このコラムに類似したコラム