不動産業者へ行くということ - 不動産購入・契約 - 専門家プロファイル

楯岡 悟朗
きねや不動産株式会社 営業主任
東京都
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

不動産業者へ行くということ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産購入・契約

不動産の仕事をしているから言う訳ではないですが・・・。

 

 

不動産を買いたい・欲しいと思った人が、

 

最初にすることというと、

 

物件以外の情報も集めるかもしれませんが、

 

多くはポータルサイトやフリーペーパーなどで物件を探しますよね?

 

 

まず物件ありきで購入活動をスタートしてしまいますが、

 

効率良く動くためには、

 

やはり「有能な」不動産業者の力を借りるのが一番です。

 

 

「不動産業者に行く」

 

「不動産業者に問い合わせる」

 

 

という行為は心理的な圧迫が相当強いんでしょう。

 

不動産という高価な商品扱っているため、

 

スーパーのように気軽に入る存在ではないし、

 

騙されて高いものを売りつけられでもしたら大変!

 

という警戒心が不動産業者とお客さんの間に高い壁を作っています。

 

 

インターネットで物件も探せるし、

 

情報も集められる時代になりました。

 

インターネットだけで全てが完了する訳ではありません。

 

本気で物件購入を考えるのであれば、

 

必ず人と接触しなければなりません。

 

 

物件探しから始まり、最後の引き渡しまで、

 

長いときで1年近くかかることもざらにあります。

 

長期間対応してもらうに足る、

 

信頼の置ける不動産業者、営業マンを見つけることが、

 

不動産購入においてはなにより大切です。

 

 

物件探しよりもそのお手伝いをする、

 

パートナー探しを優先した方がいいかもしれませんね。

このコラムに類似したコラム

験を担ぐのもたまには必要! 楯岡 悟朗 - 不動産コンサルタント(2012/05/04 11:22)

物件の持つ力 楯岡 悟朗 - 不動産コンサルタント(2011/08/26 16:56)

不動産は自分で探す時代になりました。 久野 博 - 不動産業(2010/10/09 19:09)

不動産売買 トラブル相談例【契約予定のキャンセル】 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2013/11/23 15:58)

不動産業者も見落とす、物件購入の落とし穴‐【22:角地緩和が使えない角地】 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2012/12/15 17:56)