物件の持つ力 - 不動産購入・契約 - 専門家プロファイル

楯岡 悟朗
きねや不動産株式会社 営業主任
東京都
不動産コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

物件の持つ力

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産購入・契約

インターネットを通じて物件探しを出来るようになって随分経ちます。

 

市場に出ているほとんどの物件が、

 

どこの不動産業者でも扱えるという事実も大分浸透してきました。

 

 

不動産業者に対する接し方も確実に変わってきました。

 

物件をもって業者に問い合わせるのではなく、

 

営業マンで付き合う業者が選ばれる時代になると思います。

 

 

しかし、長期間物件を探し続けている人や、

 

中々出てこない希少価値がある物件を探しているお客さんに、

 

ピッタリの物件をたまたま紹介したのが、

 

昨日、今日知り合った営業マンだったとしたら?

 

 

その物件の担当者が経験豊富なベテランだろうが、

 

入社3カ月の新人だろうが、

 

極論するとアルバイトだろうが、

 

お客さんはその物件の購入を決めるはずです。

 

 

今まで親身になって物件探しを手伝ってくれた、

 

不動産業者の営業マンがいたとしたら?

 

義理があるのでその営業マンを通して買いたいと、

 

物件の担当者にお願いするかもしれません。

 

 

しかし当然のことながら、

 

自分の担当する物件を欲しいと言っているお客さんを、

 

他の不動産業者に譲るお人よしな不動産業者などはありません。

 

申し訳ない・・・と今まで探してくれた営業マンに断りを入れて、

 

探し求めた物件を購入するのです。

 

 

今までに築き上げた人間関係や信頼関係を、

 

一発でひっくり返す物件というのは確かに存在します。

 

それだけ物件の持つパワーというのは大きいものです。

 

 

ただ、物件の持つ力は確かに大きく、

 

立ちうち出来ないフィールドかもしれませんが、

 

それだけに左右されてしまってはいけませんね。

 

 

今の仲介業者に求められている技量というのは、

 

その部分なのではないでしょうか?

このコラムに類似したコラム

験を担ぐのもたまには必要! 楯岡 悟朗 - 不動産コンサルタント(2012/05/04 11:22)

不動産業者へ行くということ 楯岡 悟朗 - 不動産コンサルタント(2011/08/26 16:30)

不動産業者も見落とす、物件購入の落とし穴‐【22:角地緩和が使えない角地】 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2012/12/15 17:56)

不動産業界のセカンドオピニオン 楯岡 悟朗 - 不動産コンサルタント(2012/04/27 16:35)

仲介業として必要なスキルとは? 楯岡 悟朗 - 不動産コンサルタント(2011/09/08 19:28)