住宅ローン借り換えとセットで考えなければならない事(1) - 住宅ローン借り換え・返済 - 専門家プロファイル

久保田 正広
株式会社 FPバンク 代表取締役
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
沼田 順
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローン借り換えとセットで考えなければならない事(1)

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン借り換え・返済

大事な事を忘れていませんか?

私の元には多くの方が住宅ローン借り換えのご相談に来られますが、ご相談のきっかけは何だと思いますか?

私が実際に受けたご相談に至るきっかけ第1位は、返済がきついと感じたから。第2位は、利息を減らしたいから。そして第3位は、借り換えの審査に落ちたから、です。

でもご相談に来る方全員が、厳しい審査をくぐり抜けて見事借入に成功してマイホームを購入したはずです。

では何故そうした方が「返済がきつい」と感じるようになってしまったのでしょうか?その理由はいくつかあります。さて、貴方はいくつあてはまりますか?

・収入が減った

・子供が生まれた(増えた)

・妻が仕事を辞めた(正社員でなくなった)

・子供の教育費が増えてきた

・他のローンを組んだ(車やカードーローンなど)

3つ以上当てはまる方は要注意です!いや、数は問題ではありません。たとえ1つであっても影響が大きいケースはいくらでもあります。

上記のような出来事を「ライフプランの変化」と言いますが、これを予測した未来の家計簿のことを「キャッシュフロー表」といいます。

このキャッシュフロー表すなわち未来家計簿は将来の夢や希望を実現するための準備をする上でとても役に立ちます。このテーマは別の機会にお伝えします。

さて、返済がきつくなってしまう理由の大きな原因としてライフプランの変化がある事がはっきりと見えてきましたが、これって誰にでもあることだと思いませんか?

給料が右肩上がりに伸びていく時代ならともかく、これからの時代は誰にでも起こりうる事として織り込んでおかなければなりません。

従って貸してくれるから借りるのではなく、借りてもいい額や借り方、返し方を予想してから借りるということです。でもこのブログをご覧になっている方は既に借りている方だと思いますが、その場合はどうするのか・・・。借り換えの際に注意すればいいのです。

ところで、ライフプランの変化以外にも返済がきつくなってしまう原因があります。次回のコラムでは返済がきつくなるもうひとつの原因-得な借り方に潜む落とし穴についてお伝えします。ご期待下さい。

緊急告知!

「住宅ローン借り換え成功物語」
http://fpbank.co.jp/lp/lp1.html

「住宅ローン借り換えのノウハウが7本の動画に」
http://fpbank.co.jp/lp2/lp2

「毎月開催!住宅ローン借り換えセミナー」
http://www.fpbank.co.jp/housingloan/seminar

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

住宅ローン借り換え金利情報 藤 孝憲 - ファイナンシャルプランナー(2013/08/18 21:00)

借り換えする住宅ローンの金利は変動か固定か? 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2013/08/14 15:00)

住宅ローン借り換えで毎月返済額▲19,542円 前野 稔 - ファイナンシャルプランナー(2013/07/11 18:00)

金利上昇に備え住宅ローンの借り換え・見直し方を伝授します! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2013/07/07 12:00)

住宅ローン借り換え個別相談 受付中! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2013/06/12 18:00)