中古購入+リフォームで補助金最大2,000万円まで補助されます。 - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

畑中 学
武蔵野不動産相談室 株式会社 代表取締役
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

楯岡 悟朗
楯岡 悟朗
(不動産コンサルタント)
森田 芳則
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

中古購入+リフォームで補助金最大2,000万円まで補助されます。

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般

弊社が国土交通省の既存住宅流通・リフォーム推進事業に採択されました。

幾つかの補助要件がありますが、平成23年10月31日までに

1)リフォーム工事の請負契約 2)住宅の売買契約

両方を締結された方に対して戸建、マンションは最大100万円もしくは

リフォーム工事費用の1/3以内が補助されます。

そして、共同住宅等の場合にあっては、1棟当たり2,000万円もしくは

リフォーム工事費用の1/3以内が補助されます。

2,000万円、これは大きいですよね。

 

 

つまり、弊社にて中古不動産を投資用物件も含めてリフォーム前提で

ご購入される方にとっては、そのリフォーム工事費用の一部が補助されますので、

「そろそろ中古不動産を買おうかな~」とお悩みの方は

これを機会にご検討を頂ければと思います。

 

 

なお、補助要件は下記の通りです。

1)住宅の性能を維持・向上させるためのリフォーム工事を行うこと。

2)住宅履歴情報登録機関への登録を行うこと。

3)昭和56年6月1日以降に建築確認を受けていること、

  もしくは、昭和56年6月1日以降の建築基準法の構造関係規定に適合していること。

4)平成13年3月31日以前に竣工した住宅であること。

5)既存住宅売買瑕疵保険への加入を行うこと。

6)その他

となります。

要件が多くあり分かりづらいかと思いますので、

「この場合はどうなのかな?」「この不動産は要件にあっているのかな?」

など、迷われることがありましたら、お気軽に弊社もしくは畑中までご連絡頂ければと

思います。よろしくお願いいたします。

(と言っても、私も書類を見ながらのタドタドしいお答えになるかと思います。。。。)

このコラムに類似したコラム

中古住宅を購入する際の注意点【再建築時に土地・建物が減少する物件】 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2013/08/30 17:38)

【任意売却】ニンバイ物件の勘違い 高橋 愛子 - 宅地建物取引主任者(2013/04/14 20:42)

【任意売却】査定は大切 高橋 愛子 - 宅地建物取引主任者(2013/02/19 22:45)

不動産業者も見落とす、物件購入の落とし穴‐【24:角地緩和が使えない角地】 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2012/12/23 18:22)