アパレルブランドの立ち上げ (Q&A回答続き) - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

代表取締役
社会保険労務士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アパレルブランドの立ち上げ (Q&A回答続き)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
Q&A番外編 事業と税金
 【関連Q&A】 ''アパレルブランドの立ち上げ''


★ 質問−3


どのくらいの収入 (所得) で 「扶養」 から外れるか?

☆ 回答   「 [所得税] 38万円超  [社会保険] 130万円以上 です」


【解説】
これは現在の 個人事業 を想定した「所得」額です。

◆ 詳細はこちら ⇒ 妻の起業について/''妻がフリーランスに'' Q&Aをご参照ください。

実際、中途半端な所得額では、家計レベルでかえってマイナスになるケースもあることから、ブランド化以降もなおご自身の事業を家計補助的なスケールにとどめるのか、あるいは積極的に収益を拡大する本格的な事業として運営していくのか、ビジョンを明確にしておく必要があると思います。

前者であれば、上の所得額を意識し家計のパフォーマンスをより重視した一定範囲の規模にとどまるでしょうし、後者であれば、あらたに発生するコストを吸収したうえなお収益を確保できる、自立・独立した事業展開を目指すことになります。

お話では具体的にブランド展開されるというしっかりとしたビジョンをお持ちのようなので、やはり後者の方になるのではないでしょうか。
そうなると、ご主人様の「扶養」から外れる不利益などもはや問題にはならないと思います。

いずれにしても、上のようにまずはご自身の今後のブランド展開を事業としてどう位置づけるか、ご検討が必要と思われます。

ご質問ありがとうございました。 ご不明な点ございましたらご遠慮なくご質問・お問い合わせください。

今後ともAll About ProFileをよろしくお願いします。

以 上

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(社会保険労務士)
代表取締役

『提案力』 『コミュニケーション力』 に自信アリ

中堅中小企業の頼れるアドバイザーとして経営上の広い課題に横断的に対応します。経営者との良い協働関係を通じ、常に有益なツールや情報をご提案し、会社利益に積極的に貢献するとともにお客様の満足を超えるパフォーマンスのご提供に全力を尽くします。

カテゴリ 「Q&A番外編」のコラム