転職エージェントを過小評価しないで - 転職活動サポート - 専門家プロファイル

小松 俊明
リクルーターズ株式会社 経営コンサルタント (専門/人材ビジネス)
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:転職・就職

新垣 覚
新垣 覚
(転職コンサルタント)
市村 光之
市村 光之
(キャリアカウンセラー)
藤原 純衛
藤原 純衛
(転職コンサルタント)
清水 健太郎
(キャリアカウンセラー)
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

転職エージェントを過小評価しないで

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 転職・就職
  3. 転職活動サポート
転職活動の悩み

転職活動中の方の中には、なぜか転職エージェントとの面談を嫌がる人がいます。エージェントを信頼していないばかりか、嫌っている人もいらっしゃるようです。実際転職エージェントのサービスを過小評価するのは、あまり得策ではないのです。

もちろん、どんな仕事も同じでしょうが、デキるエージェントもいれば、そうでもない人もいます。頼りないな、、と思う人も少なからずいることでしょう。

会社によっては、無理やり応募を迫ったり、逆に全く相手の希望を考慮せず、毎日のように大量の案件を送りつけて、「好きな案件に応募して~」とかなり投げやりな会社もあります。

つまり、エージェント側にもたくさん問題があることも事実です。

転職活動中の方にとって、転職エージェントとの付き合い方が厄介であることは、本当によくわかります。

ただ現実問題として、若手もベテランも、何とかこの厳しい時代でも、自分が挑戦したい仕事をしっかりと確保しなければいけません。

転職エージェントが頼りないことなんて、ある意味もう最初からわかってることであり、だったら皆さんがもう一枚上手になって、うまくエージェントを動かしませんか。

そのためにも、まずはエージェントのオフィスに足を運び、しっかりとエージェントとコミュニケーションをとってみてください。あなたが何を求めているか、相手に具体的に伝えましょう。

募集要項の中で何が優先順位が高くて、何が譲歩できるのか。これもしっかりとエージェントに調べてもらう必要があります。

いい求人案件があって、優秀な候補者がいれば転職、もしくは採用は実現するか。

答えはNOなのです。

エージェントが上手に候補者の皆さんを推薦しないと、優秀な方でも最終的にはなかなか採用に至らないのが今の時代の特徴なのです。

皆さん、エージェントとの面談を軽視せず、ぜひともしっかりと信頼関係を作ってみてください。我慢強くそうした方法を続けていれば、必ずいつの日か、頼りになるエージェントに巡り合うことができます。

世の中、頼りにならないエージェントばかりではないのです。ぜひ、粘り強く探してみてください。

転職活動の悩みをお持ちの方は、弊社がご提供する経歴書添削面接対策をご活用頂くのも一つの方法ですので、ご参考までにお知らせします。

このコラムに類似したコラム

書類選考で どうして 落ちる 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2013/07/20 19:00)

履歴書の日付は 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2013/07/10 19:00)

法人ではない会社などへの就職 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2013/01/10 19:00)

手書きの履歴書から見えること 藤原 純衛 - 転職コンサルタント(2012/05/28 09:00)

大学3年生へ(8)グループディスカッションSTEP2 清水 健太郎 - キャリアカウンセラー(2012/02/12 22:31)