「かぐや姫」企業と「浦島太郎」企業  2/2 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

ウジ トモコ
代表取締役 アートディレクター
東京都
アートディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「かぐや姫」企業と「浦島太郎」企業  2/2

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
今すぐ、しなければいけないこと
こんにちは ウジトモコです

(「かぐや姫」企業と「浦島太郎」企業  1/2>>からの続き)

「ポジショニング」や''「ディレクトリ」''の話は、実際、メジャーと言われるマーケティング本に非常によく登場します。ただ「ポジションを取れ」とは、書いてありますが「どのように」という[How to]が思いのほか少ないせいか、制作の現場でも意識されていることは少ないといえます。
サッカーの試合などをみていると、実際ポジション取りがいかに重要か、よく分かるのですが。。。

「浦島太郎」は正直、例として最適でないかもしれませんが、すでに話題の中心であったり、どこかしらで見かけたありきたりな表現を安易に追求してしまい、事業コンセプトや業種に関わらず実装してしまうことは、アートディレクターとしてあまりお奨めしていません。

「伝えなくてはいけないこと」が「伝わりにくくなる可能性」が非常に高いからです。

気がついたら、皆やっていた、時代遅れだった、などということも、デザインの現場で実際によく起こっています。

制作時間がない時ほど、
背景→現状把握→ポジショニング立案
をまずしっかりやってから
→企画→アートデイレクション→実制作
とすることをお奨めしています。

ちなみにこれは、すべての媒体に言えることではないでしょうか。ブランドイメージの統一やビジネスの視覚戦略として、効率よく効果を増す方法のひとつに間違いないと、私自身は確信をしています。