Pike 定例20  内部左官そして石 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

嶋崎 眞二
なづな工房一級建築士事務所 主宰
兵庫県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

Pike 定例20  内部左官そして石

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計

内壁のほとんどは、左官仕上げとなる。

その左官工事が始まった。

絹延橋うどん研究所で使用した ハミルトンウォールだ。

 

小さなサンプルで確認するより、実際施工すると

より白く(明るく)感じるものだが

やや黄成りの色を選択した絹う研よりも

今回はより白い色を選んでいる。

狭小住宅は、開口部の制約を厳しく受ける。

壁面白色の彩度を少し上げておきたい。

 

 

と言いながら

より光が届きにくい1階に、

敢えて、黒い壁を出現させようとしている。

黒漆喰を塗った和室が、玄関ホールと一体に

訪問者を出迎える。

 

 

そして

さらに畳の間の向こうには、

狭小石庭が配されることになる。

松匠さんと共に、使用する石を探しに出かけた。

 

石を眺めながら

いろんなイメージを巡らせる。

設置スペース、搬入経路共に狭小だから

使える石も限られてしまうのだ。

さて、どんな世界を創出できるか。

期待半分、不安半分。

 

 

勝算はある。

 

このコラムに類似したコラム

袋小路 松永 隆文 - 建築家(2015/12/09 10:07)

【建築を巡る旅】水前寺公園「古今伝授の間」 西島 正樹 - 建築家(2014/04/22 18:21)

「和室」について 酒井 哲 - 建築家(2014/04/08 23:00)

造り手の都合で消えゆく和室 福味 健治 - 建築家(2013/01/12 08:49)

月刊HOUSING12月号に町田Mが掲載されています。 一條 美賀 - 建築家(2012/10/23 12:57)