子どもはどこでも育つ - 長寿命・200年住宅 - 専門家プロファイル

小川 勇人
小川の家 代表取締役
長崎県
建築プロデューサー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新築工事・施工

杉浦 繁
杉浦 繁
(建築家)
秋葉 忠夫
秋葉 忠夫
(工務店)
菊池 克弘
(建築家)
田中 伸裕
(建築家)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

子どもはどこでも育つ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 新築工事・施工
  3. 長寿命・200年住宅

不慮の事故(天災地変含む)、不治の病、
餓死、虐待に巻き込まれない限り、
現代の日本社会であれば、子どもはどこでも育ちます。

学習に関しては、義務教育も図書館も様々な制度があります。
ゆえに、本人の意欲次第で、あらゆる世界への可能性が広がっている。

子どもはどこでも育ちます。
どんな環境でも育ちます。
問題は、それが単に歳をとるという話なのか、
どう成長するかという話なのか。

育つといっても、「どう」育つのか。
現在進行形で、子どもとして、どんな子どもなのか。
数年先の未来形で、どんな大人(人間)になっていくのか。
トータルの命の消費として、どんな人生を歩んでいくのか。

小川の家が優先している
子どもの「心」の成長と健康。

これはすなわち「生きる意欲」に関わる要素だと考えています。

意欲が生まれれば、その先にはいろんな可能性、(困難は当然ついてまわるが)未来が開けていく。
しかし、意欲がなければ、生まれなければ、奪われれば、育たなければ、その子の人生どうなるのでしょうか。

子どもは、どこでも育ちます。
身体的にも精神的にも。

親としては、「どう」育って欲しいのか、「どう」育てたいのか。

栄養ある食事を与えずして
「すくすく健康に育つ」ことなどあり得ないように
子育ての住まいに関しても同じです。

付記:
まあー「(正直)我が子の成長など関心ない」のであれば、
この話も無意味ですが(苦笑)

子育て住宅専門店【小川の家】http://ogawanoie.jp

このコラムに類似したコラム

あなたに代わって、考え尽くす 小川 勇人 - 建築プロデューサー(2011/05/27 10:07)

子どもの「命」とは何か? 小川 勇人 - 建築プロデューサー(2011/05/17 08:17)

子育て優先住宅、完成体感会のご案内 小川 勇人 - 建築プロデューサー(2011/05/12 18:32)

幼い子にとって、家は感性を育む拠点となります。 櫨本 健一 - 工務店(2010/12/24 11:46)

湘南の散歩道で見つけた個性的な住宅のあれこれ 3 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2010/10/28 00:00)