インテリアデザイナーに頼むという事。住宅編 - 建築家への相談 - 専門家プロファイル

高田 剛
株式会社アトリエ・ボウ 代表取締役
東京都
インテリアデザイナー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

インテリアデザイナーに頼むという事。住宅編

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 建築家への相談

多くのお客様がインテリアデザイナーに依頼するという事に躊躇されます。

理由は『費用が高いのでは?』というイメージや『そこまでお洒落じゃなくても良いしなぁ』、『メーカーや工務

店に頼めば楽?』などなど。

・・・大分誤解をされているのではないかと思います。

まず、インテリアデザイナーとは何かをご説明したいと思います。

 カンタンに言うとナンデモ屋です。衣食住に関わる総ての事を提案出来るプロだと私は思っています。

住宅、お店の空間や厨房、インテリア、物販(ショップ)、医院等など設計デザインをする際にそのすべての事を

理解しないで提案する事は出来ません。また、予算やそれぞれの業者さんの選択やスケジュール監理なども行いま

す。いい物を安く仕入たり、良い業者さんに費用の範囲内で最善のものを造ってもらうそのノウハウを知っている

のです。

メーカーや工務店などに頼んで設計費が見積書に安く記載されていても別の項目に分散して入っていたりするので

す。ですから実際の設計費用はほとんど変わらなかったりします。(※総てのメーカー、工務店がそうとは限りません。)

 

インテリアデザイナーに頼めば、全体の予算内、限られた予算、で更に良いものが出来るのです。

お客様の予算に合わせて設計費の調整も致します。

安かろう悪かろうでは必ず後に後悔する事になります。

 

また、「デザインを押し付けられるのでは?」と云う不安もあるかもしれません。

が、決してそんな事はありません。

プロとしてお客様のご要望をきちんと理解し、「出来る事・出来ない事」を正しく判断し説明をしてご理解して頂ける様なデザインと設計をして行きます。

 

勇気(?)を持ってインテリアデザイナーに依頼して下さい。

私たちはオンリーワンのモノをあなたに提供したいと思っています。

このコラムに類似したコラム

匠でなく建主のための Before/After 岩間 隆司 - 建築家(2014/08/05 10:38)

朝日住まいづくりフェア2013へ出展 竹内 隼人 - 建築プロデューサー(2013/06/29 22:48)

施主の力 うれしい話 志田 茂 - 建築家(2013/05/03 08:42)

免震のデメリット 福味 健治 - 建築家(2013/04/22 08:33)