水島弘史の調理メソッド - 結婚と料理 - 専門家プロファイル

水島 弘史
主宰
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

水島弘史の調理メソッド

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 結婚と料理

2、料理は一つのストーリー、素材知識はありますか?

まずは料理を覚えるにあたっては、基本となるルールのトレーニングをすることが重要です。

料理は文章に似ています。

まずは一つ一つの単語/名詞(素材)が存在し、動詞(カッティング/調味/加熱)がメインで

そこに副詞、形容詞、修飾語(状態や分量、〜のように)といったものが調理のクオリティーを

決めていきます。

文章には最低限、相手に通じるためのルールが必要となります。

人が言葉を覚え、片言で話すようになり、文章が組み立てるようになる手順と同じように

料理も勉強をすれば良いのです。

流石に赤ちゃんの頃はわからなくても、英語の勉強を始めた時のことを思い出してみましょう。

一般的に料理の基礎を覚えましょうという時、レシピなるものが出てきます。

簡単な例文といったところでしょうか? 確かに例文を覚えることも大切なのですが、意外にされて

いないことが単語を覚える事、つまり素材を覚えることが出来ていないのです。

うちの教室にも『料理の基本が知りたい』『レパートリー(応用力)をつけたい』という方が

おられますが、そういった方に足りないのが実は『単語力』つまり『素材知識』なのです。

各素材の知識があれば、料理はその素材の組み替えでレパートリーは無限大に広がるはずの

ものなのですが、如何せんレシピで覚えているので、そのレシピでしか料理が作れない

=応用力がないという結果になっているのです。

次回はこの単語力をつけるための方法を紹介しましょう!!

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

トリュフの水煮でスクランブルエッグ 塚本 有紀 - 料理講師(2012/11/27 02:29)

水島弘史の調理メソッド 水島 弘史 - 料理講師(2011/04/13 00:36)

フランス料理におけるタイ米 塚本 有紀 - 料理講師(2010/09/19 23:44)

自然な味わいの出汁、とっていますか? 高窪 美穂子 - 料理講師(2010/06/05 10:58)

クリスマスパーティの仕込み 塚本 有紀 - 料理講師(2013/12/28 22:19)