京都市で新景観政策がスタート - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

有限会社パルティータ 代表
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

京都市で新景観政策がスタート

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
家の話あれこれ
9月1日から、京都市で新景観政策が実施されています。

古都としての景観保全のため、建物の高さ、建物等のデザイン、屋外広告物、眺望景観や借景、歴史的な町並みを規制するものです。

元々高さ制限はあったのですが、地域により10m〜31mと6段階に低く抑えられます。
中心区は、45mから31mに引き下げられ、全体的には、15m〜20mのエリアが多いようです。

建築デザインに制限が設けられ、色や形状の制約を受けます。
庇の出についても規制があるようです。

眺望景観の保全区域において、建物高さやデザイン、屋根の色などが規制を受けます。


京都を訪れた多くの人が、高層ビルや、マンションにより、年を追うごとに景観が失われ、街中でも看板(屋外広告)や自動販売機などが古都の町並みを汚らしくしている、と感じるところでしょう。

残念ながら、伝統ある街京都であっても、自主性に任せて景観を守ることは、絶対にできません。
土地を事業として有効活用するには、建ぺい率、容積率規制いっぱい建てるのは当然のことです。
伝統ある街にそぐわない、とわかっていたとしても、マンションなどを建てがちでしょう。

街を、景観を守るためには、公平かつ大胆な規制をかけるしかありません。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
有限会社パルティータ 代表

庭を取り込む心地良い空間、永く住むためのフレキシブルな家

家づくりは、建て主にとっても、とても手間がかかることですが、苦労した結果、建物が実際に形となり、できあがっていくのは、本当に楽しいものです。遠い将来、この家に住んで良かった、と感じてもらえるような、家づくりのお手伝いをしたいと思います。

カテゴリ 「家の話あれこれ」のコラム

フローリングについて(2009/08/02 18:08)