京都市で新景観政策がスタート−3 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

有限会社パルティータ 代表
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

京都市で新景観政策がスタート−3

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
家の話あれこれ
土地の経済能力は、質×量で考えることができます。
ここでの「量」とは、土地に建ちうる建物の床面積です。
建物高さを、例えば半分に制限したら、建てられる量は半分となります。
景観が向上して(長い時間をかけて)、質が上がるでしょうが、目に見えて価値が上がることは考えにくく、地主にとって、総合的に土地の価値が下がることになります。

分譲マンション住民にとっては、将来マンションを建て直した時、同じ床面積のマンションを建てることができないため、マンションを売ることができなくなるのではないか、価値が大幅に下がるのでは、との不安を持たれています。


規制実施に踏み切る段になると、必ずかけこみで建てるのが現れます。

高さが規制される所では、今後高層マンションが建てられなくなるため、かけこみマンションに、希少価値を産んでしいました。
今後建てられない高層階を高級化仕様にしたところ、標準よりはるかに高い価格でも売れてしまう、という皮肉なことが起きてしまったのです。


さまざまな問題が存在し、議論も対策も不十分なまま新景観政策がスタートしたのかもしれません。

日本中ほとんどの街で景観が失われてしまった中、完全ではないものの、それがまだ残る京都に、部外者ながら、美しい古都を残してほしいと願う一人として、エールを送りながら、見守っていきたいと思います。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
有限会社パルティータ 代表

庭を取り込む心地良い空間、永く住むためのフレキシブルな家

家づくりは、建て主にとっても、とても手間がかかることですが、苦労した結果、建物が実際に形となり、できあがっていくのは、本当に楽しいものです。遠い将来、この家に住んで良かった、と感じてもらえるような、家づくりのお手伝いをしたいと思います。

カテゴリ 「家の話あれこれ」のコラム

フローリングについて(2009/08/02 18:08)