新型うつ病(軽症うつ)の一次予防策 臨床データー公開 - 集中力・仕事の能率 - 専門家プロファイル

いわさき痛みの整骨院 院長
東京都
柔道整復師
042-529-5123
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

新型うつ病(軽症うつ)の一次予防策 臨床データー公開

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心と体の不調
  3. 集中力・仕事の能率

             

            頸筋性関与における新型うつ病(軽症うつ=気分障害)一次予防策

     治験報告 α波共鳴振動刺激『上部頸椎ストレス解放テクニック』

                  治験期間:平成21年4/1~平成22年7/31

 

                  治験対象患者および労働環境条件

1 主に長時間PC業務に従事している。

2 頭痛、肩こり、睡眠障害、神経過敏が週に1度はある。

3 ストレスを感じるときがある。

4 めまい、眼精疲労などの愁訴が時々ある。

 

 治験対象年齢:21~60歳迄  内訳:男性30名 女性34名 合計64名

 通院評価回数:2回以上~最大5回迄の通院中に1回評価する。

 

主観的評価方法(治験対象患者64名に全項目A.・B聴取する。)

A  治療後の生体反応(30分以内に聴取)

1) 眼と頭がスッキリした。                 47/64名中  73.4%

2) 眠くなってきた。                             51/64名中    79.7%

3) 身体がふあふあ感がある。(浮遊感)      34/64名中    53.1%

4) 痛みや異常感覚が減った。             43/64名中    67.9%

5) カラダが軽くなった。                  54/64名中    84.4%

 

B  治療後QOL評価項目(通院2週間以内に聴取)

1)頭痛・肩こりなどの愁訴が改善し、体調が良くなってきた。

                                    YES  52/64名中 81.3%

2)気分が高揚し、多幸感が得られるときもあった。

                                    YES  52/64名中 81.3%

3)薬物療法(鎮痛剤・睡眠導入剤・抗不安薬等)が減量できた。

                                 YES  38/64名中 59.4%

4)仕事の意欲が沸いてきた。

                                    YES  40/64名中 62.5%

5)熟睡ができる日もあり、起床時に頭がスッキリすることが増えた。

                                    YES 42/64名中 65.6%

                     

QOL改善率 累計  224/320名中  70%

 

参考:男女別評価

治療後QOL評価項目(通院2週間以内に聴取) 

1)頭痛・肩こりなどの愁訴が改善し、体調が良くなってきた。

                      男性 YES 23/30名中   76.7%

                               女性 YES  29/34名中   85.3%

 

2)気分が高揚し、多幸感が得られるときもあった。

                               男性 YES  24/30名中   80%

                               女性 YES  28/34名中   82.4%

 

3)薬物療法(鎮痛剤・睡眠導入剤・抗不安薬等)が減量できた。

                  男性 YES 18/30名中   60%

                               女性  YES  20/34名中  58.9%

 

4)仕事の意欲が沸いてきた。

                               男性  YES 16/30名中  53.3%

                               女性  YES  24/34名中   81.6%

 

5)熟睡ができる日もあり、起床時に頭がスッキリすることが増えた。

                               男性  YES 18/30名中   60%

                            女性  YES  24/34名中  81.6%

 

中小企業メンタルヘルス対策担当者様へ

IT関連企業(VDT作業)の社員の約5%にテクノストレスが影響してパソコン病(頸筋性うつ=気分障害)に移行する症例が増加傾向となっております。是非一次予防策として、米国製コンピューターアジャスター『上部頸椎ストレス解放テクニック』をお勧めいたします。

『上部頸椎ストレス解放テクニック』のお問合せ (出張による講演・プレゼンテーション・体験施術および検診)

http://www.iwasaki-laser.net

http://profile.ne.jp/pf/haruyuki

All About関連コラム

http://profile.ne.jp/pf/haruyuki/c/c-49691/

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 柔道整復師)
いわさき痛みの整骨院 院長

痛みとストレスをテーマに心と身体にやさしい治療をめざします

わたしは物理工学の分野である「波長」や「周波数」「共鳴振動」を治療技術に応用し、複合ストレス=「氣」の停滞が原因とされる未病(微小循環障害または末梢血行障害)に対してQOLを重視した全人的かつ人間主義の統合的治療を展開しています。

042-529-5123
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

睡眠専門家のQ&A  知恵袋ベストアンサー 目覚ましで起きれない SCENE330 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2012/10/21 10:54)

睡眠専門家の<不眠改善悩み相談室> 強い眠気をなくすには? SCENE331 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2012/10/29 11:33)

果物狩り 徐 大兼 - 鍼灸師(2013/08/11 12:21)

目のケア・紫外線対策してますか? 徐 大兼 - 鍼灸師(2013/05/30 00:05)

“ヨガは新たなる次元へと飛躍する” 辻 良史 - 博士(体育科学)(2012/06/27 16:57)