相続等に係る生命保険契約等に基づく年金を受給されている方へ - 確定申告 - 専門家プロファイル

ABC税理士法人 税理士
東京都
税理士
03-5850-2331
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

相続等に係る生命保険契約等に基づく年金を受給されている方へ

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 確定申告
やさしい税金教室

確定申告に限らずなのですが、イレギュラーな時期に取扱いが変更された

課税関係については、戸惑いが隠せないですね。

最高裁平成22年7月6日判決を受けて、野田財務大臣が判決の翌日の

会見で還付を決めた、相続等に係る生命保険契約等に基づく年金、に対する

所得税の取扱いの変更は、平成22年10月20日に通達が変更され、

過去の分については、確定申告済みの方は更正の請求を、確定申告を

しなかった方は確定申告をしてください、という形になったわけです。

 

しかし、後から確定申告をする場合でも5年前までしか遡れませんし、

更正の請求であれば、通常の請求は法定申告期限1年内ですし、

後発的理由に該当する場合でも、その事実を知った日から2カ月内

(国税通則法23条)ですから、今年の確定申告で対応できるのは

去年の分だけなんですよね。

税務署の場合にはもう少し柔軟かもしれませんが、少なくとも、

税理士会の無料相談では更正の請求は適応対象外ですし、

混乱が予想されるところです。

 

そこで、国税庁もHPで、計算システムを公開して、対応を図ってます。

http://www.nta.go.jp/sonota/sonota/osirase/topics/data/h22/sozoku_zoyo/index.htm

 

相続税の対象となった生命保険契約を、一括払いではなく年金払いで

受け取ることにしたものだけが対象なんですよね。

年金払いにすると、雑所得として受け取った年に課税されるんですが、

相続税の対象となっていた年金受給権分にも課税していたこれまでの

対応がおかしいよ、というのが最高裁判決の趣旨なので、

年金払いで受け取った2年目以降の分のうち、保険会社の運用益の配当に

当たるであろう分だけが課税対象になることになったんですね。

 

ややこしい話だけに、今年以降の申告で対象案件があった場合には、

注意が必要な部分ですね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
ABC税理士法人 税理士

企業の税務対策、自計化サポート!「下町の頼れる税理士」です

刻々と変わる経済情勢や法律に対応しながら、体系的な法律知識を持って、企業様の税に関する不安を解消し、安心できる節税対策を行います。お客様と直接お会いし面談しながら、企業内での自計化など、適切な会計処理を含めた税務指導を行っています。

03-5850-2331
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「やさしい税金教室」のコラム

このコラムに類似したコラム

生保二重課税、10月下旬から還付 大黒たかのり - 税理士(2010/09/02 20:05)

ミニ保険(少額短期保険)にはご注意ください! 菅原 茂夫 - 税理士(2012/10/15 14:50)

今日は、所得税に関する小ネタを二つご紹介します 近江 清秀 - 税理士(2010/10/03 08:27)

年金型保険二重課税問題 手続き明らかに 大黒たかのり - 税理士(2010/10/01 11:20)

共済も二重課税、10月下旬から還付 大黒たかのり - 税理士(2010/09/10 10:32)