ミニ保険(少額短期保険)にはご注意ください! - 年末調整・還付請求 - 専門家プロファイル

菅原 茂夫
菅原茂夫税理士事務所 代表
東京都
税理士
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ミニ保険(少額短期保険)にはご注意ください!

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 年末調整・還付請求

保険といえば、生命保険や損害保険が一般的です。

しかし、最近、少額短期保険(ミニ保険)と呼ばれる商品があり、人気となっています。

このミニ保険、平成18年の保険業法の改正で誕生したもので、その名の通り、少額で、保健機関が1年以内(生命保険の場合)などの一定の制限が設けられた商品です。

このミニ保険は、金融庁財務局に登録した少額短期保険事業者が販売することができます。

しかし、このミニ保険、注意が必要です。

このミニ保険は、税務上、生命保険料控除の対象にはならないのです。

生命保険料控除の対象となる契約は、所得税法で規定・列挙されたものに限定されています。

生命保険会社と締結した生命保険契約であれば、所得税法に規定されている「生命保険契約」に該当しますが、ここでいう「生命保険契約」とは「保険業法で規定されている」生命保険会社とされています。

少額短期保険事業者は、保険業法上、生命保険会社とは別の保険業として区分されているのです。

したがって、少額短期保険事業者と生命保険契約を締結しても、生命保険料控除の対象となる契約には該当しないこととなります。

もちろん、年末調整や確定申告時にも、少額短期保険事業者からは「生命保険料控除証明書」は交付されません。

このような保険に加入された方、注意が必要です。

「年末調整」に関するまとめ

このコラムに類似したコラム

【年末調整質疑応答-1 生命保険料控除の留意点】 近江 清秀 - 税理士(2012/12/17 08:00)

平成24年の年末調整 3つの注意点 大黒たかのり - 税理士(2012/10/09 20:08)

年末近くに繰り上げ返済をした場合の住宅ローン控除 佐藤 昭一 - 税理士(2012/01/30 18:00)