狭小敷地で考える事 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役
建築家
082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

狭小敷地で考える事

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
家づくり現場 資産になる家 K邸
現在進行中の「資産になる家 K邸」は間口が5mちょっとの狭小敷地です。

防火地域のため、構造を鉄骨造として設計しました。
そして現在、鉄骨の建て方中ですが、狭小地での施工は難易度がグッと上がります。

というのも、この写真のようにクレーン車を据え付ける位置や鉄骨の組む順番をかなり考慮しないと実際には建たないからです。

建たない・・と言ってしまうと「えっ?」と思うかも知れませんが、ある程度設計の時から、どうやれば施工的にもスムーズにいくか?ということを考えておかないとコストばかりかかってしまう家づくりになるからです。

今回はクレーンを写真左側の家の上を旋回させることを許可してもらいながら鉄骨を組み上げていきました。

そういえば今年の5月に完成した「シアワセユタカビトの家NO2 M邸」では、軽トラックがかろうじて通る敷地で家づくりをしましたが、このときも工務店さんと知恵を絞って「ああでもない、こうでもない」とやり取りしました。

絵が立派でも、絵に描いた餅にならないようにするのが私たちの仕事だと思います。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役

世界で一つ「あなただけの幸せな住まい」を共に造りませんか?

私たちの考える家作りの大きな目的は「家族の絆や幸せが育まれること」。そこでこれまで家作りに成功した人たちの「家作りの知恵」をベースに家族が共通の思いを持ち、向き合える住まいをご提案。家族の思いをカタチにします。

082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「家づくり現場」のコラム

屋根の断熱・通気について(2007/10/19 19:10)