賃貸運用は慎重に! - 住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

株式会社FPソリューション 
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

賃貸運用は慎重に!

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン全般
賃貸用ワンルームマンション、賃貸住宅付居住用住宅などの賃貸運用は慎重にしましょう。

基本的に住宅ローンを組んでのこの投資はやめましょう。特に、頭金なしで賃貸収入を当てにして住宅ローン計画を立てる人がいますが、それはリスクが高すぎます。不動産会社などにのせられないように注意しましょう。
では、なぜ良くないのか。 
それは住宅を賃貸するというのはリスクがあり、コストがかかるからです。一番のリスクは空室リスクです。空室になったら住宅ローンだけ払わなければなりません。
また、頭金が少ないと資産価値より借金のほうが多いことになります。何か問題がおきてその物件を売らなくてはならなくなった場合に、借金だけ残ってしまいます。
そのほかにも修繕などの費用や固定資産税などもかかってきます。
特にワンルームマンションは、古くなるとほとんど価値がなくなります。管理組合も自分たちが住んでいないのでいい加減なところが多く、建物の傷みも早いです。
賃貸運用する場合には、どのくらいの空室率ならば利回りが取れるのかをよく検討しましょう。
また、不動産運用においては、賃貸戸数が多い物件のほうがリスクは少なくなります。
たとえば空室率が40%までは利益がでるとしても10戸の40%(4戸)と100戸の40%(40戸)の空室率は同じではありません。100戸のほうが40戸空室になる確率が低く、リスクが少ないのです。

不動産運用はひとつの投資方法だと思いますが、よく経済変化、環境の変化などを考えて利回りを計算しましょう。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。