子どもが父に対して持つ複雑な感情 - 親権・養育費 - 専門家プロファイル

行政書士阿部オフィス 行政書士
神奈川県
行政書士
045-263-6562
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:離婚問題

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

子どもが父に対して持つ複雑な感情

- good

判例情報 監護者指定等

子の監護者の指定申立て事件、子の引渡申立事件

東京家平22.5.25(審)

『父から子の監護者の指定の申立てに対し、母を子の監護者と定めた事例』

 申立人である父と相手方である母の双方が未成年者の監護者に指定されることを希望しており、双方とも未成年者の監護者としての適格性有しているところ、未成年者が父に対して複雑な感情を有していること、母は未成年者が出生してから現在まで継続してその監護に当たってきていることなどの事情を総合すれば、未成年者の生活基盤及び心情の安定を図る観点から、未成年者の監護者を母と定めるのが相当である。


補足:未成年者が父に対して持つ複雑な感情

続きは、 子どもが父に対して持つ複雑な感情 へ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 行政書士)
行政書士阿部オフィス 行政書士

男性のための離婚相談。頼れる安心のパートナー

(1)豊富な情報量とノウハウの提供(2)意思決定の支援・問題解決の助力と支援(3)離婚のコンシェルジュサービスこの3つを軸に、あなたの話しをじっくりと聞き対処すべき課題をみつけ、具体的解決のために最適な方法をコーディネートします。

045-263-6562
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「判例情報」のコラム

親権:具体化しない離婚(2013/07/13 11:07)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 初回メール相談

料金
1,000円

年間1000件の相談実績。離婚に関する権利と義務をメール相談で確認。

初回メール相談